【ホープフルS】最終結論 過去9年データ考察から前走別好走馬共通点と狙い目は断然早生まれのこの馬!

プロモーション

無料買い目情報が・・・
G1で4勝!
安田記念もここの無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報の戦績
-オークス-
三連複10点500円 16.9倍
【獲得額】8,450円【回収率】141%
-天皇賞春-
三連複12点400円 77.5倍
【獲得額】31,000円【回収率】646%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
-皐月賞-
三連複10点500円 59.4倍
【獲得額】23,760円【回収率】594%
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
━━━━━━━━━━━━━━
まずは土曜の無料情報・鳴尾記念に注目してください。
→無料情報を確認
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!


過去9年の好走馬

 

2022年
1着ドゥラエレーデ
2着トップナイフ
3着キングズレイン

2021年
1着キラーアビリティ
2着ジャスティンパレス
3着ラーグルフ

2020年
1着ダノンザキッド
2着オーソクレース
3着ヨーホーレイク

2019年
1着コントレイル
2着ヴェルトライゼンデ
3着ワーケア

2018年
1着サートゥルナーリア
2着アドマイヤジャスタ
3着ニシノデイジー

2017年
1着タイムフライヤー
2着ジャンダルム
3着ステイフーリッシュ

2016年
1着レイデオロ
2着マイネルスフェーン
3着グローブシアター

2015年
1着ハートレー
2着ロードクエスト
3着バティスティーニ

2014年
1着シャイニングレイ
2着コメート
3着ブラックバゴ

 

G2時代を合わせても過去9年しかデータが存在していないので難解なレース

簡易的にはなりますが考察していきたいと思います。

 

 

重賞考察

 

まずは前走未勝利戦・新馬戦から好走した馬を見ていきましょう

 

ステイフーリッシュ  前走新馬戦 3番人気 0.4秒差1着 上がり1位
マイネルスフェーン 前走未勝利戦 1番人気 0.1秒差1着 上がり1位
グローブシアター 前走新馬戦 1番人気 0.2秒差1着 上がり2位
ハートレー 前走新馬戦 1番人気 0.2秒差1着 上がり1位
シャイニングレイ 前走新馬戦 2番人気 0.6秒差1着 上がり1位
ブラックバゴ 前走未勝利戦 2番人気 0.1秒差1着 上がり2位

 

パット見で共通している点は

 

・前走3番人気以内
・着差をつけて勝利
・上がり2位以内

 

この3ポイント

 

今年の該当馬を見てみましょう

 

アドミラルシップ 3人気上がり1位0.0秒差

インザモーメント 2人気上がり1位-0.1秒差

タリフライン 3人気上がり1位-0.2秒差

ウインマクシマム 1人気上がり5位-0.2秒差

サンライズアース 7人気上がり2位-0.1秒差

ミスタージーティー 2人気上がり1位0.0秒差

 

条件を満たすのは2頭のみ、今年は18頭もいるので強気に削って行きたいところ…

 

 

次に前走条件戦を使っていた馬でホープフルS好走馬は

 

キングズレイン 3番人気 1着 上がり3位
ジャスティンパレス 1番人気 1着 上がり2位
ヨーホレイク 1番人気 1着 上がり1位

アドマイヤジャスタ 1番人気 1着 上がり2位
レイデオロ 1番人気 1着 上がり1位
バティスティーニ 1番人気 1着 上がり1位
コメート 1番人気 1着 上がり3位

 

全馬が前走3番人気以内+上がり3位以内でした、基本的に未勝利戦と変わらないです。

 

アンモシエラ 5人気1着上がり7位

テンエースワン 2人気3着上がり2位

センチュリボンド 2人気1着上がり2位

 

前走ダートだったアンモシエラはここで脱落です。

 

 

次に前走OPから好走した馬

 

ラーグルフ 4番人気 1着 上がり1位
キラーアビリティ 1番人気 2着 上がり2位
オーソクレース 2番人気 1着 上がり1位
ヴェルドライゼンデ 1番人気 1着 上がり1位
ワーケア 1番人気 1着 上がり1位
サートゥルナーリア 2番人気 1着 上がり2位

 

こちらも前走人気馬が目立ちます。

上がり3位以内はもうマストですね。

ラーグルフは前走4番人気ですが前走中山芝2000m(同条件のOP)を上がり最速で優勝

今年の該当馬は

 

ヴェロキラプトル 2人気1着上がり1位

サンライズジパング 4人気15着上がり12位

シリウスコルト 4人気1着上がり1位-0.3秒差

レガレイラ 1人気3着上がり1位

ホルトバージ 6人気5着上がり2位

 

赤く塗った3頭は問題なさそうです。

 

 

最後に前走重賞から好走した馬

 

ドゥラエレーデ 前走G2 6番人気 4着 4角2番手+0.2秒差
トップナイフ 前走G3 3番人気 2着 上がり2位
ダノンザキッド 前走G3 1番人気 1着 上がり1位

コントレイル 前走G3 1番人気 1着 上がり1位
ニシノデイジー 前走G3 8番人気 1着 上がり2位
タイムフライヤー 前走G3 1番人気 2着 上がり2位
ジャンダルム 前走G2 5番人気 1着 上がり1位
ロードクエスト 前走G3 1番人気 1着 上がり1位

 

こちらは人気の無かった3頭は前走で重賞0.2秒差以内

それ以外は上がりを使って連対しています。

4角2番手以内で競馬していた馬は上がり不問となります。

今年の該当馬は

 

ゴンバデカーブース 3人気1着上がり1位

シンエンペラー 1人気1着上がり2位

ショウナンラプンタ 3人気4着上がり1位+0.5秒

ディスペランツァ 9人気6着上がり会い+0.2

 

今年条件を満たすのはゴンバデカーブースとシンエンペラーの2頭です。

 

ここまでをまとめると、今年18頭の出走馬が

 

インザモーメント

タリフライン

テンエースワン

センチュリボンド

ヴェロキラプトル

シリウスコルト

レガレイラ

ゴンバデカーブース

シンエンペラー

 

半数の9頭に絞られました。

去年つかった物凄く大雑把な仕分けですが、これまでの9年間

ある程度前走だけで好走馬27頭全てを拾える形なのでフィルターを通してみます。

 

過去9年好走馬全27頭

A 前走1着かOP以上で0.2秒差以内
B 前走上がり3位以内か4角2番手以内
C 前走新馬未勝利除く重賞0.2秒差以外はOP連対or2勝以上

 

インザモーメント ABC

タリフライン ABC

テンエースワン BC

センチュリボンド ABC

ヴェロキラプトル ABC

シリウスコルト ABC

レガレイラ ABC

ゴンバデカーブース ABC

シンエンペラー ABC

 

今年は上記のデータクリア馬8頭を中心に印を打って行きたいと思います。

特に配当を上げそうな3頭には注目したいですね

 

インザモーメント 想定13番人気

タリフライン 想定10番人気

シリウスコルト 想定9番人気

 

※netkeiba現在のオッズ

 

 

 

本日は最後に毎年好走馬が出てくる条件を紹介

 

・前走新馬~条件クラスで芝上がり3位以内+着差0.4秒差以上

・芝OP以上で上がり3位以内+1着もしくは着差0.0秒差以内

 

上記のどちらかに該当した◯◯

過去9年間とまだ浅いですが、毎年該当馬がかなり少ないにも関わらず好走しまくっている注目データ

現在のG2~G1時代になってからは該当馬が存在すれば必ず好走馬が出ています。

 

2022年2着トップナイフ7人気
2021年1着キラーアビリティ2人気
2021年2着ジャスティンパレス4人気
2020年1着ダノンザキッド1人気
2019年1着コントレイル1人気
2019年2着ヴェルトライゼンデ3人気
2018年1着サートゥルナーリア1人気
2017年1着タイムフライヤー1人気
2017年2着ジャンダルム4人気
2017年3着ステイフーリッシュ8人気
2016年※該当馬なし
2015年3着バティスティーニ2人気
2014年1着シャイニングレイ2人気

 

上記該当馬と◯◯に入る条件を次回更新までブログランキングへ公開しておきます。

※火曜日限定記事

 

 

好走馬別誕生月データ

 

2022年
1着ドゥラエレーデ 1月
2着トップナイフ 3月
3着キングズレイン 2月

2021年
1着キラーアビリティ 1月
2着ジャスティンパレス 4月
3着ラーグルフ 2月

2020年
1着ダノンザキッド 1月
2着オーソクレース 1月
3着ヨーホーレイク 3月

2019年
1着コントレイル 4月
2着ヴェルトライゼンデ 2月
3着ワーケア 2月

2018年
1着サートゥルナーリア 3月
2着アドマイヤジャスタ 3月
3着ニシノデイジー 4月

2017年
1着タイムフライヤー 2月
2着ジャンダルム 4月
3着ステイフーリッシュ 2月

2016年
1着レイデオロ 2月
2着マイネルスフェーン 4月
3着グローブシアター 2月

2015年
1着ハートレー 4月
2着ロードクエスト 3月
3着バティスティーニ 2月

2014年
1着シャイニングレイ 5月
2着コメート 3月
3着ブラックバゴ 3月

 

1月【3.1.0.7】好走率36.4%
2月【2.1.6.26】好走率25.7%
3月【1.4.2.33】好走率17.5%
4月【2.3.1.27】好走率18.2%
5月【1.0.0.14】好走率6.7%

 

あまりにもヒントが無いので、関西馬が圧倒的に好走するホープフルSで関東馬の共通点など題材を考えましたが、

以前にも書いたように今年は過去25年で最も関東馬が活躍した1年でもあります。

25年の歴史を塗り替える関東馬G1勝利数なので例年よりはデータの効力として弱いかなと思い、今回は上記の通り2歳馬G1ならではのデータで1つ見ていきたいと思います。

ご覧の通り、早く生まれれば当たり前に成績が良いです。

これは自然な流れでもあり、話は脱線しますが小さいお子さんがいる家庭は少しイメージがしやすいかもしれませんね。

保育園などでも成長が速いお子さんは基本4月生まれに集中しており、3月生まれだと1年近くの差がありますのでその差は顕著に出てきます。

競走馬ですと人間の何倍相当になるのか不明ですがこの時期早くに生まれて調教を経験している馬は当たり前にアドバンテージになるでしょう。

いまのところ4月以降に生まれた組でワンツー決着はなし、馬券内に好走した馬はMAXで1年に1回という厳しい状況です。

特にG1に昇格してからの4月以降に生まれた馬は、全馬が連対率100%の馬で全馬が2勝以上馬とかなりハードルが高いです。

今年の出走メンバーを見てみましょう。

 

ゴンバデカーブース 2月24日
ヴェロキラプトル 4月28日
アンモシエラ 2月 3日
アドミラルシップ 4月24日
サンライズジパング 3月16日
シンエンペラー 4月30日
テンエースワン 2月13日
インザモーメント 2月20日
タリフライン 3月21日
シリウスコルト 3月22日
ショウナンラプンタ 3月 9日
ディスペランツァ 3月 2日
レガレイラ 4月12日
ホルトバージ 4月 8日
ウインマクシマム 4月 9日
センチュリボンド 2月 5日
サンライズアース 2月 6日
ミスタージーティー 3月25日

 

赤=1~2月
緑=3月
青=4~5月

 

もうお分かりですよね、今年これを題材に選んだ理由が

最も走る1~2月組が少ない+最も走らない4~5月組に有力馬が多い

これは馬券的にはチャンスだと感じました。

 

毎年MAX1頭だけしか今のところ好走できておらず、
(※2回言いますが「いまのところ」です、事実しか書いてないのに今年2頭来たやんけボケと言われても日本語読んでとしか言えないので)

G1昇格からは全馬が連対率100%の馬で全馬が2勝以上馬だった事を踏まえるとハードルは相当高いと思います。

 

ヴェロキラプトル
アドミラルシップ
シンエンペラー
レガレイラ
ホルトバージ
ウインマクシマム

 

今年1番人気のシンエンペラー、3番人気以内濃厚なレガレイラ

昨日のデータ考察で注目していたヴェロキラプトルまで該当しています…

ただでさえ厳しい枠の中で、条件を満たしていない馬は問答無用の消し

 

アドミラルシップ

レガレイラ

ホルトバージ

ウインマクシマム

 

またガッツリ消すことが出来ました。

G2時代まで遡ればレガレイラも好走できなくは無いと思いますが人気なので妙味的には軽視したい存在

 

データの逆は天国ということで、1月2月生まれの過去好走馬を見ていきましょう。

 

2022年
1着ドゥラエレーデ 1月
3着キングズレイン 2月

2021年
1着キラーアビリティ 1月
3着ラーグルフ 2月

2020年
1着ダノンザキッド 1月
2着オーソクレース 1月

2019年
2着ヴェルトライゼンデ 2月
3着ワーケア 2月

2018年
なし

2017年
1着タイムフライヤー 2月
3着ステイフーリッシュ 2月

2016年
1着レイデオロ 2月
3着グローブシアター 2月

2015年
3着バティスティーニ 2月

2014年
なし

 

上記馬の中で同じように4月5月馬が好走してきた条件でフィルターを掛けていきます。

該当馬の母数が少なくなるので2勝以上+過去馬券外なしか2勝以上+OP勝ちの2パターンで設定

 

2022年
3着キングズレイン

2021年
3着ラーグルフ

2020年
1着ダノンザキッド
2着オーソクレース

2019年
2着ヴェルトライゼンデ
3着ワーケア

2018年
該当馬なし

2017年
1着タイムフライヤー

2016年
1着レイデオロ

2015年
3着バティスティーニ

 

該当馬ありで現在7年連続で好走しており、昨年6人気キングズレイン、一昨年8人気ラーグルフなど妙味も期待できそう。

ちなみに該当馬全体の成績はG2時代を含め【3-2-4-8】好走率52.9%と2頭に1頭が好走しており、1年で該当馬の飛びは全て2頭以下で収まっています。

 

ゴンバデカーブース 2月24日
アンモシエラ 2月 3日
テンエースワン 2月13日
インザモーメント 2月20日
センチュリボンド 2月 5日
サンライズアース 2月 6日

 

今年は1月生まれがいないので上記2月生まれが対象

この中で激アツ条件をクリアしているのは…

 

ゴンバデカーブース

センチュリボンド

 

上記2頭です。

 

しかしここまでのデータ考察でシンエンペラーに関西馬の毎年好走条件該当、ヴェロキラプトルも同様

軽視したかったゴンバデカーブース、センチュリボンドが早生まれ激アツ条件に該当と全馬が一長一短で難解すぎますね…

絞れたと思いきや全く絞れていません。

 

有馬記念終了からわずか4日、まだまだ深堀りしていきたいところですが考察の時間もなく実質タイムアップ状態

最終結論まで悩みたいと思います。

本日ラストはこの馬に押し売りみたいになってしまうのですが(個人的には軽視していましたがあまりにもデータが強い…)

ホープフルSがG2~G1昇格した過去9年で該当馬が全て連対している条件があります。

 

【2-2-0-0】連対率100%

 

条件はめちゃくちゃシンプルです。

母数が少ないのが多少不安点でもありますが、結局2歳G1はこれかと言わざる終えない条件

この時期の中山芝コースからも有利に働きそうですが…枠がどうしても個人的にプラスとは思えません泣

上記条件と該当馬1頭のみなので明日の朝に最終結論アップするまでブログランキングへ公開中しておきます。

※水曜日限定記事

 

 

今年のホープフルSについて

 

オッズから見て取れるように今年は難解な1戦ですね。

前走出走頭数12頭立て以下の少頭数だった馬は17頭中13頭とほとんどの馬が今回のフルゲート(1頭除外ですが)を経験するのが初めて。

2走前で13頭以上だった馬は1頭しかいません、これまで少頭数で多少出遅れてもリカバーが効いたり

加速していく際に外目をスムーズに上がっていったり、少頭数だったから上手くいったレースも沢山あると思います。

馬込みを経験せず、馬群に入れたら瞬間スイッチが入る馬や出遅れが原因で多頭数を捌けない馬も出てくるでしょう。

その対象が今年は17頭中ほぼ全馬で、ゲートが開いてみないと分からない部分があまりにも多く、

2歳戦は力差がはっきり出るので得意ですが、結果の割合を占める力差以外の運要素があまりにも今回大きいと思っています。

そこに暮れの最終中山芝コース、馬場状態や時計も確認できない段階からの1発勝負です。

この2歳G1であるホープフルSは立ち回り1つ、馬の入れ込み1つ、輸送や馬体重など状態1つで大きく変わってくるでしょうから何度も言いますが、

今年は特に馬にとっても予想する側にとっても、どちらも運要素が強いなと…

ならば妙味全振りで当初は大穴に寄せて予想する予定でしたが、結局人気どころに落ち着いてしまったので若干申し訳ない気持ちです。

時計が掛かれば話は別なんですが、12月の中山芝を見ると有馬記念で書いたように過去20年の水準では歴代No.1の馬場状態と言って良いでしょう。

雰囲気とかではなく、何百頭と走った馬達が走破タイムでそれを証明してくれています。

こうなると前走ダートで走っていたアンモシエラにとってはかなり厳しい馬場かなと思います、余程時計が掛かっていたら別でしょうが…

同じく2桁人気で狙っていたタリフラインも多頭数になったときに脚質的にも難しいところもあり今の馬場や時計を考えると厳しいかなと。

全馬のレースリプレイを何度も見て気づいたら一周回って人気どころに落ち着いてました。

ある程度時計の裏付けがある馬、重賞でのペース経験などを重視した結果の印です。

推薦したい馬は気性に難点のある馬ばかりなので全滅もあり得ますが将来性含め応援したいので最後のG1ですが特に捻りはなく、いつも通りの印でお届けしたいと思います。

 

 

2023年 ホープフルSの推薦馬

 

▲人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

前走は少頭数の中、普通ならペースが緩く後半3ハロン勝負になりやすいのですが

1000m通過は59.3とかなり流れており、勝ち時計も非常に優秀な1戦で評価できます。

それを終始外を回って消耗している中、ラスト3ハロンも垂れることなく最速で突き抜けました。

レース後のコメントでもキレる脚はないが長くしぶとい脚を使う馬との事

新馬戦で見せたレースセンスからもインで上手く立ち回れば今の中山芝では大きなアドバンテージだと思います。

それを叶える絶好の枠に、ここまでのデータ考察では多くの加点要素に該当

もちろんマイナス要素も兼ね備えている1頭ではありますが、今年全馬がそんな感じなので、

今現在の人気からも妙味十分と判断しました、あとは心配ですが鞍上の立ち回り1つだと思います。

 

 

◯シンエンペラー

新馬戦を見ると抜け出してから右に左にフラフラと遊びながら楽勝しており、

前走も気難しい面を出しながら道中順調ではない運び、直線では外に出せず馬群を縫うように絶望的なポジションから

開いたスペースを見つけると一瞬の脚で抜け出す荒削りな内容で2連勝と素質の塊のような馬です。

これだけ子供っぽい馬は久々に見ましたが、その中でも圧倒的とも感じる脚力の強さでセンスだけでこなせるんじゃないかなと感じました。

管理する矢作さんも凱旋門賞血統で超良血馬、今の段階から世界を見据えているし来春には英国かフランスダービーに挑戦したいと断言するほど素質に惚れ込んでいます。

海外で勝ち負けできると期待している馬が、今回のメンバーで惨敗していたらプランも白紙でしょうし難しい気性も日々成長していると思うので、

人気ではありますし生まれ月の不安もありますが、スペースさえ見つけてくれれば終いの脚は素晴らしいと思います。

将来性を含めて応援したい1頭なのでまずは怪我なく無事に走りきって欲しいです。

 

 

◎ゴンバデカーブース

新馬戦でも横に馬がいると嫌がる素振りを見せていましたし、前走でも馬群に入ったら行き脚が鈍り再後方へ

スタートはここ2戦完璧に出ているので今回も出たなりで運ぶでしょうが多頭数で1枠1番はかなり不安の残る1頭

それでも推薦したいのは新馬戦で見せた脚の持続力と前走強敵相手に見せた爆発的な末脚です。

前走はボンドガール、シュトラウスなど世代の代表格である馬達を相手にしていませんでしたし強いの一言でした。

それより心配なのが非常に綺麗なトビなのでコーナーで上手く加速できるのか、エンジンの掛かり的には東京ベストな気がしてなりません。

追走に苦労していた分、今回のマイルから延長はこの馬にとっては全く問題ないでしょう。

前走マイルからの参戦は0-2-0-9、データ系で予想しているほぼ100%の人が前走距離で嫌っているのもありがたい存在

結局データは表面上の数字で判断できないので大切なのは内訳で、前走マイル以下の半数近くがダートで構成されている点

当日10番人気以下の大穴で構成されている点、これらの大半を除くと該当の前走芝当日5人気以内はたったの4頭のみ

【0-2-0-2】連対率&好走率50%と人気を考えればむしろ良く走っている方かと思います。

勝ち馬が出てないのは試行回数がまだ少ないだけです、たった4回でこの馬の未来が決まっているほど競馬は簡単なものではありませんので。

それよりも気になるのは賞金的にここで好走する必要がないので陣営もコメントしているように無理はしないとのこと、

調教後の馬体重が+24キロと輸送が無いにも関わらず出走17頭の中では最も増加しており緩い仕上げなのは間違いないです。

皐月賞前に練習といった要素が非常に強く仕上がりの面で万全ではないのは陣営の弱気のコメントからも見て取れます。

沢山の不安要素がチラつくのですが、17頭全馬に同じく数え切れない不安要素と加点要素が混同していてキリがないので、

素直に強いと感じたこの馬を本命で今年は締めくくることにしました。

オッズを見ていたら3番人気で落ち着きそうですね、単複のオッズ見ても変に相手探して外すよりも1頭で十分かなと思えるくらい。

しかしJRAプレミアム&JRAスーパープレミアムのダブルキャンペーンで特にワイドの払戻が上乗せエグいのでオッズと相談したいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。