【安田記念】過去20年データ考察第三弾 5番人気以下で好走した30頭の共通点から今年買いの穴馬3頭とは

プロモーション

ここの無料情報は・・・
回収率200~600%狙える!
宝塚記念前に軍資金稼ぎです(^^)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:中央
・6/09 東京1R
三連複19点→11,190円
回収率:589%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:地方
・6/20 浦和5R  回収率:200%
・6/14 名古屋3R 回収率:412%
・6/13 名古屋3R 回収率:327%
━━━━━━━━━━━━━━
まだ間に合いますよ!
土曜・日曜も無料情報あり!
宝塚記念前にここで軍資金を増やしましょう(^_-)
→無料情報を確認する
↑からLINE友だち追加して無料買い目を見てください。


5番人気以下から好走した馬

 

サリオス
ダノンキングリー
モズアスコット

アエロリット
サトノアラジン
ロゴタイプ
ロゴタイプ
フィエロ
クラレント
グランプリボス
ショウナンマイティ
ダノンシャーク
グランプリボス
コスモセンサー
リアルインパクト
ストロングリターン
ショウワモダン
スーパーホーネット
スマイルジャック
ファリダット
アルマダ
エイシンドーバー
ジョリーダンス
アサクサデンエン
ジョイフルウィナー
アサクサデンエン
スイープトウショウ
サイレントウィット
ツルマルボーイ
バランスオブゲーム

 

20年の好走馬60頭の内、上記30頭が5番人気以下から好走しています。

どれだけ波乱要素が強いレースなのかよくわかります。

好走馬の半数が5番人気以下からの激走、今年も出番があると思います。

本日は過去に5番人気以下から好走した30頭に注目してみたいと思います。

 

 

前走に共通点有り

 

これは上記馬の前走の着順と馬券外の馬の上がりです。

 

サリオス 15着
ダノンキングリー 12着

モズアスコット 2着

アエロリット 4着
サトノアラジン 9着 上がり2位
ロゴタイプ 3着
ロゴタイプ 2着
フィエロ 4着 上がり3位
クラレント 10着
グランプリボス 9着
ショウナンマイティ 5着 上がり3位
ダノンシャーク 3着
グランプリボス 7着 上がり2位
コスモセンサー 3着
リアルインパクト 3着
ストロングリターン 1着
ショウワモダン 1着
スーパーホーネット 9着
スマイルジャック 5着
ファリダット 3着
アルマダ 外国馬
エイシンドーバー 3着
ジョリーダンス 5着 上がり1位
アサクサデンエン 海外
ジョイフルウィナー 外国馬
アサクサデンエン 1着
スイープトウショウ 5着 上がり1位
サイレントウィット 外国馬
ツルマルボーイ 6着 上がり1位
バランスオブゲーム 4着

 

前走海外だった馬や外国馬は後に重要になってくる東京コース実績を参照することができませんのでここでは外して考えます。

 

外国馬、海外馬遠征馬を除く上記28頭中19頭が

 

『前走3着以内or上がり3位以内』

 

未達だった8頭は

 

サリオス 東京重賞2勝 G1連対
ダノンキングリー 東京3勝 重賞2勝 G1連対
アエロリット 東京マイルG1勝ち
クラレント 東京マイル重勝2勝 左回り重勝5勝 

グランプリボス 東京14、16重賞勝ち
スーパーホーネット 東京14、18重賞勝ち
スマイルジャック 東京マイル重賞勝ち 東京G1連対
アサクサデンエン
 東京マイルG1勝ち 重賞勝ち
バランスオブゲーム 東京18重賞勝ち 左回り重賞3勝

 

東京コース実績は必須

 

面白いくらい全馬に共通しており、

例外候補はこのボーダーを最低でもクリアして欲しいところ

 

 

マイル実績

 

次にマイル実績に注目してみました。

 

サリオス マイルG1勝ち マイル重賞勝ち
ダノンキングリー 2 

モズアスコット 2 マイル戦連対率100%

アエロリット 1 マイルG1勝ち マイル重賞連対3回
サトノアラジン 2 マイルG1好走なし(0.2秒差2回)
ロゴタイプ 3 マイルG1勝ち
ロゴタイプ 2 マイルG1勝ち
フィエロ 4
クラレント 5
グランプリボス 2 マイルG1勝ち
ショウナンマイティ 初
ダノンシャーク 2 マイル重賞連対3回
グランプリボス 5
コスモセンサー 5
リアルインパクト 0 マイルG1好走2回
ストロングリターン 3
ショウワモダン 4
スーパーホーネット 3
スマイルジャック 4
ファリダット 1
エイシンドーバー 2 東京マイルG1で上がり最速
ジョリーダンス 2 東京マイルG1で上がり最速
アサクサデンエン 5
アサクサデンエン 4
スイープトウショウ 0 マイルG1好走なし(0.2秒差1回)上がり2位以内率100%
ツルマルボーイ 0
バランスオブゲーム 0
アドマイヤマックス 1 新馬戦のみ(上がり最速0.7秒差圧勝)

 

赤=マイル戦3勝以上 12頭
オレンジ=マイル戦2勝以上+α 7頭
青=それ以外 9頭

 

ほとんどの馬がマイル実績が有りました。

加点材料として覚えておきたいと思います。

 

 

今年の該当馬

 

ここまでを踏まえて今年の登録馬を見ていきましょう。

 

ウインカーネリアン
エアロロノア
エルトンバローズ
カテドラル
ガイアフォース
コレペティトール
ジオグリフ
ステラヴェローチェ
ダノンスコーピオン
ドーブネ
パラレルヴィジョン
フィアスプライド
レッドモンレーヴ

 

外国馬+上位人気確実のセリフォス、ソウルラッシュ、ナミュールを除いた上記を見ていきます。

 

ウインカーネリアン 4着 高松宮記G1
エアロロノア 4着 マイラーG2
エルトンバローズ 7着 中山記念G2
カテドラル 9着 大阪杯G1
ガイアフォース 2着 フェブラG1
コレペティトール 8着 マイラーG2
ジオグリフ 5着 大阪杯G1
ステラヴェローチェ 4着 大阪杯G1
ダノンスコーピオン 4着 京王杯スG2
ドーブネ 2着 中山記念G2
パラレルヴィジョン 1着 ダービーHG3
フィアスプライド 2着 ヴィクトG1
レッドモンレーヴ 2着 京王杯スG2

 

NGだった9頭の上がりを見ていきます。

 

ウインカーネリアン
エアロロノア
エルトンバローズ 
カテドラル 上がり2位
コレペティトール
ジオグリフ
ステラヴェローチェ 上がり2位
ダノンスコーピオン 上がり2位

 

この時点で両方ともクリアできていない馬は脱落します。

 

ウインカーネリアン
エアロロノア
エルトンバローズ
コレペティトール
ジオグリフ

 

例外条件的には東京重賞2勝以上か東京コース3勝くらいは欲しいので実績的にもかなり厳しいと思います。

残った馬のマイル実績を見てみましょう。

 

カテドラル 1勝(マイル重賞勝ち)
ガイアフォース 0勝(ダートマイルG1連対)
ステラヴェローチェ 2勝(マイルG1連対+重賞勝ち)
ダノンスコーピオン 3勝
ドーブネ 3勝
パラレルヴィジョン 2勝(重賞勝ち+勝率100%)
フィアスプライド 3勝
レッドモンレーヴ 3勝

 

該当馬の3分の2が最低でもマイル2勝以上だったこと、2勝馬も加点要素があったことからカテドラルとガイアフォースは少し割り引きたいと思います。

そして過去の好走馬30頭全てが前走1桁人気だった点からドーブネも走れば過去20年初となる条件なので軽視したい存在です。

 

 

まとめ

 

5番人気以下で好走した馬を見てきましたが、今年買えそうな馬は…

 

ステラヴェローチェ
ダノンスコーピオン
パラレルヴィジョン
フィアスプライド
レッドモンレーヴ

 

上記5頭

少し多いのでこの後更に削って行きたいと思います。

 

 

水曜日限定記事

 

直近10年の5番人気以下好走馬を見てみると…

 

3着 サリオス 8人気
1着 ダノンキングリー 8人気
1着 モズアスコット 9人気
2着 アエロリット 5人気
1着 サトノアラジン 7人気
2着 ロゴタイプ 8人気
1着 ロゴタイプ 8人気
3着 フィエロ 6人気
3着 クラレント 12人気
2着 グランプリボス 16人気
3着 ショウナンマイティ 10人気

 

穴馬考察で重要だった東京重賞成績ですが、3連対(重賞2勝+G1連対)のダノンキングリーを除いて「全馬が◯◯」でした。

これまでの斤量データにも重なる近年では重要な要素だと思うので当日人気のない馬は是非クリアしておいて欲しい項目になります。

ここまでの考察でかなりボーダーを下げても今年狙える5番人気以下は3頭に絞れるので◯◯に入る条件とデータクリアの3頭を次回更新までブログランキングへ公開しておきます。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。