【共同通信杯】推薦馬 過去10年データ傾向から近年で大注目の前走から距離短縮組!今年条件該当馬はコレ

プロモーション

無料情報はここが良い!
宝塚記念買い目公開
6月も好調な無料情報です(^^)
━━━━━━━━━━━━PR
直近の無料情報

━━━━━━━━━━━━━━
安田記念
三連複14点400円 32.8倍
【払戻額】13,120円【回収率】234%
マーメイドS
三連複18点300円 61.9倍
【払戻額】18,570円【回収率】344%
日野特別
ワイド1点3,500円 2.0倍
ワイド1点1,500円 ✕
【払戻額】7,000円【回収率】140%
━━━━━━━━━━━━━━
桜花賞的中から好調が続いています!
宝塚記念もここの無料情報を押さえてください。
→宝塚記念・無料情報
勢いそのままに京都メインで連勝を期待しましょう!


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 ファントムシーフ 3人気
2着 タッチウッド 5人気
3着 ダノンザタイガー 1人気
2022年 1着 ダノンベルーガ 3人気
2着 ジオグリフ 1人気
3着 ビーアストニッシド 8人気
2021年 1着 エフフォーリア 4人気
2着 ヴィクティファルス 7人気
3着 シャフリヤール 2人気
2020年 1着 ダーリントンホール 3人気
2着 ビターエンダー 4人気
3着 フィリオアレグロ 2人気
2019年 1着 ダノンキングリー 3人気
2着 アドマイヤマーズ 1人気
3着 クラージュゲリエ 4人気
2018年 1着 オウケンムーン 6人気
2着 サトノソルタス 3人気
3着 エイムアンドエンド 10人気
2017年 1着 スワーヴリチャード 2人気
2着 エトルディーニュ 6人気
3着 ムーヴザワールド 1人気
2016年 1着 ディーマジェスティ 6人気
2着 イモータル 5人気
3着 メートルダール 3人気
2015年 1着 リアルスティール 3人気
2着 ドゥラメンテ 1人気
3着 アンビシャス 4人気
2014年 1着 イスラボニータ 1人気
2着 ベルキャニオン 3人気
3着 サトノアラジン 2人気

 

過去10年で上記30頭

現在9年連続で12頭立て以下と毎年頭数が集まらないレースですが、エフフォーリア、ジオグリフ、スワーブリチャード、リアルスティール、ドゥラメンテ、イスラボニータなど数多くのG1好走馬が出ており見逃せない1戦です。

 

 

注目データ

 

2023年
1着 ファントムシーフ
2着 タッチウッド

2022年
1着 ダノンベルーガ

2021年
1着 エフフォーリア

2020年
1着 ダーリントンホール
2着 ビターエンダー
3着 フィリオアレグロ

2019年
3着 クラージュゲリエ

 

最近の傾向として変わりつつあるのが前走から距離短縮馬の活躍です。

直近5年の好走馬の半数以上が前走から距離短縮馬で人気を背負うのは前走マイル組、さらに短縮馬は毎年そこまで多くないので狙い目となります。

特に「前走上がり最速」、もしくは「G3以上で上がり3位以内」だった馬を見てみると

 

2023年
1着 ファントムシーフ
2着 タッチウッド

2022年
1着 ダノンベルーガ

2021年
1着 エフフォーリア

2020年
1着 ダーリントンホール
2着 ビターエンダー

2019年
3着 クラージュゲリエ

 

上記のほとんどが該当します。

更に馬券的妙味で言えば直近半数以上の占有率、圧倒的好走率を誇るこの短縮組

上記の中に1番人気は1頭もいないとう点が非常に素晴らしいと思います。

キャリア的に見ると前走新馬未勝利戦はキャリア2戦以下、3戦以上は基本的に重賞出走馬だった事を考慮すると…

 

フォスターボンド

ミスタージーティー

 

今年は上記2頭のみ

こちらをブログの注目馬とします。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

デビュー戦は上手くスタートが切れずに出遅れて後方、逃げたアフィリオンが4角出口で番手を3〜4馬身大きく突き放すレース展開を1頭だけ大外から追い込んできた。

新馬戦特有のスローな流れでラスト3Fと4Fの間に1.1秒の断層が出来ている。

前半歩いた後に残り600mを全馬が余力を持った状態でスパートするなら当たり前に逃げた馬はポジション有利、後方にいたフォスターボンドは展開不利もダントツの上がり最速で負けて強い内容だった。

2戦目の未勝利もスタートが上手く決まらず後方、新馬戦より前半流れたので若干追走に苦労したが直線で大外に出すと先に2馬身抜け出したコンドライトをゴール前で捉えて初勝利

この時のLAPが12.5-12.3-11.9-11.6-11.5と全て加速LAP、映像を観ると良く分かるが先行して先に抜け出した2頭も脚を使ってしっかりと伸びている。

圧倒的前有利の展開を唯一後方から差し切ったのは強いと言う表現以外に何も無い。

2戦を見る限り究極の上がり勝負よりも減速せずに長く持続する脚が持ち味、中山よりも確実に東京コース向きの馬である。

今回の共同通信杯は舞台としてはバッチリだと思うので妙味含め推薦したいと思います。

京都記念の◎もブログランキングへ記載しておきました、予想記事はありません。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。