【フェアリーS】推薦馬 過去10年データ考察から歴代の持ちタイム比較で見えてくる今年「買い」の1頭とは

プロモーション

桜花賞と大阪杯と高松宮記念と3連勝!!
完璧な的中をした無料予想があります。

人妻予想家の「あやさん」の無料重賞予想の的中がとまらない!
実際に配信された大阪杯の無料予想の買い目がこちら。
3連複予想 2,3-8,10,11-1,5,6,7,13(20点)
各2000円 大阪杯結果:11ー2ー13
3連複:22,720円×2000円=454,400円獲得!
+406,400円獲得!!
回収率947%!!

これだけじゃない! 無料予想
高額配当をビシビシ的中させています。
高松宮記念 →200,400円
桜花賞 →65,200円

阪神大賞典→17,700円
金鯱賞   →18,400円
中山記念  →729,800円
春G1 3連勝している無料予想はここだけです!
しかも無料予想はLINEで配信されているので、お気軽に確認できます。
LINE追加はコチラ
登録1分で重賞予想をゲットしよう。


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 キタウイング 11人気
2着 メイクアスナッチ 7人気
3着 スピードオブライト 6人気
2022年 1着 ライラック 5人気
2着 スターズオンアース 1人気
3着 ビジュノワール 7人気
2021年 1着 ファインルージュ 3人気
2着 ホウオウイクセル 8人気
3着 ベッラノーヴァ 6人気
2020年 1着 スマイルカナ 3人気
2着 チェーンオブラブ 7人気
3着 ポレンティア 5人気
2019年 1着 フィリアプーラ 3人気
2着 ホウオウカトリーヌ 4人気
3着 グレイスアン 5人気
2018年 1着 プリモシーン 2人気
2着 スカーレットカラー 6人気
3着 レッドベルローズ 7人気
2017年 1着 ライジングリーズン 10人気
2着 アエロリット 1人気
3着 モリトシラユリ 7人気
2016年 1着 ビービーバーレル 3人気
2着 ダイワドレッサー 10人気
3着 ダイワダッチェス 7人気
2015年 1着 ノットフォーマル 11人気
2着 ローデッド 8人気
3着 テンダリーヴォイス 3人気
2014年 1着 オメガハートロック 1人気
2着 ニシノアカツキ 10人気
3着 リラヴァティ 4人気

 

過去10年で上記30頭

毎年頭数が揃って波乱傾向ですが、今年は10年で初めて15頭以下と珍しい年ですね。

 

 

注目データ

 

2023年(1.34.3)速
2着メイクアスナッチ3位(1400m)
3着スピードオブライト1位(1400m)

2022年(1.35.2)遅
1着ライラック1位(1800m)
2着スターズオンアース1位(1600m)

2021年(1.34.4)速
1着ファインルージュ2位(1400m)
2着ホウオウイクセル1位(1800m)

2020年(1.34.0)速
1着スマイルカナ2位(1600m)
2着チューンオブラブ2位(1400m)

2019年(1.36.0)遅
1着フィリアプーラ1位(1600m)
2着ホウオウカトリーヌ2位(1400m)

2018年(1.34.6)速
1着プリモシーン2位(1600m)
2着スカーレットカラー1位(1400m)

2017年(1.34.7)速
2着アエロリット3位(1600m)
3着モリトシラユリ1位(1800m)

2016年(1.34.3)速
1着ビービーバーレル1位(1600m)
3着ダイワダッチェス1位(1400m)

2015年(1.35.2)遅
1着ノットフォーマル3位(1800m)
3着テンダリーヴォイス3位(1600m)

2014年(1.36.3)最遅
2着ニシノアカツキ2位(1600m)

 

今の中山芝は歴代で最も速い馬場と年末に書きましたが今日のバイアス見る限り引き継いでますね、とにかく速い。

 

土曜日中山芝レース

■過去10年比較
・迎春S→2.11.8(1位)
・ジュニアC→1.32.5 (1位)
・中山金杯→1.58.9 (2位)

 

そこで過去の持ちタイム比較を行いヒントがないか探ってみました。

 

上記は自身の持ち時計を更新した対象のレースで3着以内に好走していた馬の距離別持ちタイム順位です。

※全体の持ち時計順位ではありません、最高時計を更新したにも関わらず凡走している馬は除外しています。

見て分かる通り全体の好走馬30頭中20頭が持ちタイム上位の馬で、今年は更にこの傾向が強くでると予想しています。

ちなみに2014年はまだ馬場改修工事が行われておらず、過去10年で最も遅い「1.36.3」で、この年は持ちタイムはあまり関係ないと言って良いでしょう。

注目してほしいのが1.34秒台になった6年です、今年は近い傾向が出ると思います。

特に各距離の上位2頭は注目したい存在ですね、早速今年の持ちタイムを見ていきましょう。

 

TOP3(1400m)
1位マスクオールウィン
2位カレンナオトメ
3位ジークルーネ

TOP3(1600m)
1位キャットファイト
2位イフェイオン
3位テリオスサラ

TOP3(1800m)
1位メイショウヨゾラ
2位テリオスサラ
3位エリカオーシャン

 

これまでの持ちタイム上位で好走した馬は9割以上の馬が、キャリア2戦以上、2勝以上か馬券外なしだった事を加味すると…

 

マスクオールウィン 1位(1400m)

キャットファイト 1位(1600m)

イフェイオン 2位(1600m)

テリオスサラ 2位(1800m)

 

上記4頭が個人的には注目馬です。

イフェイオンは相性最悪の関西馬というのが少し気になりますね、ここから漏れた他4頭にも十分チャンスはあると思います。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

新馬戦では前半超スローの流れで刻んだ走破タイムも12.6-12.4-11.9-11.8-11.4とゴールまで加速LAP

先行して脚を使ってはいるが、直線では他馬との比較でジリジリと伸び完全にキレ負け。

2戦目は未勝利戦にしては珍しく前半59.8秒で流れ、ラストは12.2-11.7-12.7と坂も影響してタフな競馬になった。

これを外目追走し2ハロン目の11.7で多少鈍ったが、グッと時計が掛かる1ハロンで突き放す強い内容

3戦目は新馬戦に経験したときと同じ流れで前半スローの3ハロン勝負でキレ負け。

ここまでのレース内容を見る限り完全に持続型で、上がり3ハロン33秒台は全く必要としないこのレースはまさに最適正の舞台と言っても良い。

新馬戦の勝馬は次走のOP戦で即勝ち負け、2戦目で負かした2着馬は次走即勝ち上がり、3戦目で叩きあった相手は次走の大舞台で勝ち負けしており相手関係を考えても評価できる。

中間はラスト11.4を記録する自己ベストをマーク、ここ目標と断言しており陣営の勝負度合いも良い。

土曜日からインが止まらない馬場で絶好枠という訳ではないですし、最高実績が未勝利勝ちの馬がこのオッズだと多少不満はありますが、注目データで考察した通り持ち時計の裏付けもあり推薦したいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。