【マイラーズC】推薦馬 過去10年データ傾向から毎年超高確率で好走馬が出現するG1~G2実績の重要性とは

プロモーション

無料買い目情報が・・・
G1で4勝!
安田記念もここの無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報の戦績
-オークス-
三連複10点500円 16.9倍
【獲得額】8,450円【回収率】141%
-天皇賞春-
三連複12点400円 77.5倍
【獲得額】31,000円【回収率】646%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
-皐月賞-
三連複10点500円 59.4倍
【獲得額】23,760円【回収率】594%
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
━━━━━━━━━━━━━━
まずは土曜の無料情報・鳴尾記念に注目してください。
→無料情報を確認
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 シュネルマイスター 1人気
2着 ガイアフォース 4人気
3着 ソウルラッシュ 3人気
2022年 1着 ソウルラッシュ 6人気
2着 ホウオウアマゾン 1人気
3着 ファルコニア 4人気
2021年 1着 ケイデンスコール 2人気
2着 アルジャンナ 3人気
3着 カイザーミノル 9人気
2020年 1着 インディチャンプ 1人気
2着 ベステンダンク 7人気
3着 ヴァンドギャルド 2人気
2019年 1着 ダノンプレミアム 1人気
2着 グァンチャーレ 5人気
3着 パクスアメリカーナ 4人気
2018年 1着 サングレーザー 4人気
2着 モズアスコット 2人気
3着 エアスピネル 1人気
2017年 1着 イスラボニータ 2人気
2着 エアスピネル 1人気
3着 ヤングマンパワー 7人気
2016年 1着 クルーガー 3人気
2着 ダノンシャーク 5人気
3着 クラレント 11人気
2015年 1着 レッドアリオン 8人気
2着 サンライズメジャー 5人気
3着 フィエロ 1人気
2014年 1着 ワールドエース 3人気
2着 フィエロ 1人気
3着 エキストラエンド 2人気

過去10年上記30頭

 

前哨戦とは言え毎年レベルの高いメンバー構成で比較的堅い決着が目立ちます。

好走馬の半数以上が当日1~3番人気以内と人気馬の大崩れもありません。

 

 

注目データ

 

2023年
1着 シュネルマイスター
2着 ガイアフォース
3着 ソウルラッシュ

2022年
1着 ソウルラッシュ
2着 ホウオウアマゾン
3着 ファルコニア

2021年
1着 ケイデンスコール
2着 アルジャンナ
3着 カイザーミノル

2020年
1着 インディチャンプ
2着 ベステンダンク
3着 ヴァンドギャルド

2019年
1着 ダノンプレミアム
2着 グァンチャーレ
3着 パクスアメリカーナ

2018年
1着 サングレーザー
2着 モズアスコット
3着 エアスピネル

2017年
1着 イスラボニータ
2着 エアスピネル
3着 ヤングマンパワー

2016年
1着 クルーガー
2着 ダノンシャーク
3着 クラレント

2015年
1着 レッドアリオン
2着 サンライズメジャー
3着 フィエロ

2014年
1着 ワールドエース
2着 フィエロ
3着 エキストラエンド

 

上記で赤く塗った馬は「直近5走内G1~G2連対馬」です。

やはり先にG1が控えているので格重視、更にこのマイラーズCは毎年高速決着になりやすく上位クラスの速い流れで結果を残している馬が好走傾向です。

毎年この条件は注目していますが、意外にも該当馬が少ないことが多く昨年は3頭のみ該当→3頭全て好走でワンツースリー決着となりました。

唯一好走が出なかった2016年ですが該当馬が1頭のみ、それでも4着まで来ているので傾向としては頭数が少ないながらも信頼度は高めだと感じます。

今年の該当馬を見ると…

 

セリフォス

ソウルラッシュ

 

上記2頭が今年の注目馬

個人的には今年3つある席のうち既に2つはこの2頭で決まっているのではないかと思うほど上位とそれ以外に格差があると思います。

更にこの2頭が堅いと思う理由が本日の京都12R芝1600m、勝ちタイムは1.32.1と高速決着でした。

昨年のマイラーズCが1.31.5、その前日全く同じ番組の勝ちタイムは1.32.4と今年の方が速いです。

今年の出走メンバーの中で持ちタイム更新時に連対している馬に限定すると1.31.6の同タイムでセリフォス、ソウルラッシュが並びます。

それ以外は0.3秒以上差があり軽い斤量で記録したものが並ぶ中で、上位クラスにて58キロ、59キロを背負って更新してきた2頭とはあまりにも差があると感じます。

ここに1つの光が差すとなれば明日の京都競馬場の天気でしょう。

各サイトによって全く降らないと表示されているところもあれば、降水確率90%が並びまとまった雨が降ると書いてあるところもあって正直前日予想ではどうにもできません。

馬場がどう変化するのか、良馬場開催なのか重馬場開催なのか全く予測できない中で3頭目の穴馬を探す難しさは馬券的に効率が悪いかなと感じます。

昨年のジャパンカップではイクイノックスとリバティアイランドが抜けていて残りの1席を争うような1戦でした。

週中の考察も100%データ該当イクイノックス&リバティアイランドの2頭は絶対的に3着以内の予想

この時◎○の次に▲を打ったのはスターズオンアースでした。

なぜ2頭で決まっているレースで3頭目を探しに行ったのか、それはスターズオンアースの複勝オッズです。

馬券は三連複を買いましたが、自分としてはスターズオンアースの複勝を買っているのと同じ意味合いでした。

もちろん絶対は無いですが仮に2頭が既に決まっているとするならば、スターズオンアースの複勝が6倍で買えると思えば非常に妙味を感じませんか?

これまで10戦(内5戦はG1レース)で1度も馬券外になったことがない馬が3着以内に入れば6倍貰える馬券

これなら3頭目を探す価値はあると思います。

しかし今回はイクイノックスとリバティアイランドほど全てを任せても良いと思えるような2頭ではなくG1の前哨戦でもあり、3つ目の席は馬場やポジション1つで簡単に変わるほどの大混戦

ここで攻めるよりも本番の安田記念で攻めるのが馬券的に見て最効率だと判断しました。

負ける人は我慢できません、臨機応変に変化できません、点でしか馬券を見ていません、柔軟な考え方がありません、目の前のレースを全てフルスイングします。

焦らずに、前哨戦ということを忘れずに、申し訳ないですが上位人気の2頭のみの推薦で締めたいと思います。

もちろん2頭共に馬券外の未来もゼロではないので一応ブログの本命馬は1頭に絞りたいと思います。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

この馬が完全に覚醒したと感じたのは3走前の超高速馬場を克服した時でした。

今まで対応できなかった高速馬場を上がり33秒台を使って勝ちきった辺りはようやくこの年齢になって本格化したなと感心しました。

続く本番ではインで立ち回り直線も中々スペースが確保できない中で、前が開いてからは一瞬の脚で抜け出しており、馬のタイプが徐々に変わりつつあるかなと。

前走は調整の難しさなどもあったでしょうし度外視しても良い内容で、今回はこれまでのメンバー構成からしても相当な格下

更にはトップハンデ59キロやG1で58キロを背負っての高速対応だったのに対して57キロとなればもう馬券外は考えにくいです。

休み明けもマイル戦に限れば2-2-1-0と鉄砲はかなり効くタイプ、明日の天候が読めない中で降っても降らなくても良いというのは前日予想にとっては非常に強い味方

前哨戦で完璧な仕上げではないのは当然ですが、それでも本番が楽しみになるような強い競馬を期待したいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。