【NZT】推薦馬 過去10年データ考察から注目は直近5年の連対馬90%以上が該当する4角4番手以内の馬

プロモーション

無料買い目情報が・・・
G1で4勝!
安田記念もここの無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報の戦績
-オークス-
三連複10点500円 16.9倍
【獲得額】8,450円【回収率】141%
-天皇賞春-
三連複12点400円 77.5倍
【獲得額】31,000円【回収率】646%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
-皐月賞-
三連複10点500円 59.4倍
【獲得額】23,760円【回収率】594%
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
━━━━━━━━━━━━━━
まずは土曜の無料情報・鳴尾記念に注目してください。
→無料情報を確認
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 エエヤン 2人気
2着 ウンブライル 5人気
3着 シャンパンカラー 7人気
2022年 1着 ジャングロ 3人気
2着 マテンロウオリオン 1人気
3着 リューベック 6人気
2021年 1着 バスラットレオン 2人気
2着 タイムトゥヘヴン 3人気
3着 シティレインボー 11人気
2020年 1着 ルフトシュトローム 2人気
2着 シーズンズギフト 5人気
3着 ウイングレイテスト 7人気
2019年 1着 ワイドファラオ 4人気
2着 メイショウショウブ 3人気
3着 ヴィッテルスバッハ 2人気
2018年 1着 カツジ 2人気
2着 ケイアイノーテック 1人気
3着 デルタバローズ 9人気
2017年 1着 ジョーストリクトリ 12人気
2着 メイソンジュニア 8人気
3着 ボンセルヴィーソ 5人気
2016年 1着 ダンツプリウス 2人気
2着 ストーミーシー 14人気
3着 エクラミレネール 12人気
2015年 1着 ヤマカツエース 7人気
2着 グランシルク 1人気
3着 アルマワイオリ 2人気
2014年 1着 ショウナンアチーヴ 1人気
2着 ショウナンワダチ 4人気
3着 ベルルミエール 8人気

 

過去10年の好走馬は上記30頭

5番人気以内で決着したのが2019年の1回のみで、下位人気の激走は定期的に見られる1戦

今年もフルゲート揃いましたので人気薄の激走に要注意です。

 

 

注目データ

 

2023年
1着 エエヤン
2着 ウンブライル
3着 シャンパンカラー

2022年
1着 ジャングロ
2着 マテンロウオリオン
3着 リューベック

2021年
1着 バスラットレオン
2着 タイムトゥヘヴン
3着 シティレインボー

2020年
1着 ルフトシュトローム
2着 シーズンズギフト
3着 ウイングレイテスト

2019年
1着 ワイドファラオ
2着 メイショウショウブ
3着 ヴィッテルスバッハ

2018年
1着 カツジ
2着 ケイアイノーテック
3着 デルタバローズ

2017年
1着 ジョーストリクトリ
2着 メイソンジュニア
3着 ボンセルヴィーソ

2016年
1着 ダンツプリウス
2着 ストーミーシー
3着 エクラミレネール

2015年
1着 ヤマカツエース
2着 グランシルク
3着 アルマワイオリ

2014年
1着 ショウナンアチーヴ
2着 ショウナンワダチ
3着 ベルルミエール

 

上記の赤く塗った馬は「前走4角4番手以内」だった馬です。

好走馬30頭中17頭と半数以上で、特に直近5年は好走馬15頭中11頭が該当しています。

前走4角5番手以下だった馬の連対はウンブライルただ1頭だけとなっており、近年はその傾向が非常に強く出ています。

2017年からは毎年2頭以上の好走馬が出てきており今年も当然注目です。

 

・前走条件以下は1番人気1着馬

・前走OPは着差0.2秒差以内(2桁人気除く)

・前走G3以上は5番人気以内か3着以内

 

これまでの好走馬17頭中16頭が上記の前走条件に当てはまります。

今年の該当馬を見ていきましょう。

 

エコロブルーム

キャプテンシー

 

上記2頭のみ。

ブログ注目馬とさせて頂きます。

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

新馬戦では4角出口で前ドン詰まり、直線でも無理やり進路を変更しては急ブレーキをしたり最後は重馬場で全馬が後退していった内を選択するなど今年デビューの新人騎手かと思う程

桜花賞に出走するライトバックでも同じ現象が起きており直線までの圧倒的準備不足、ほとんどお手馬が乗り替わるのも納得できる騎乗内容だった。

2戦目はスタートも決めて4角ポジションもしっかり取って、他馬の出方を伺う余裕すらありワンテンポずらしての追い出しだったが矢のような伸びで圧勝、漬物石から解放され伸び伸び走っていた。

3戦目ではゲート出たなりで進めるも4角出口で外から蓋をされてしまった。

勢いが付いているので普通なら譲らず内に切り込むが、一流ジョッキーによる流石の判断だった。

外の馬の脚色を瞬時に判断し落ち着いて行かせているので外に切り替え、直線馬場の良いところをスムーズに追い出して好走

前が詰まったのは痛かったですし、横移動のロスがありましたが出来る範囲では一番まともな競馬だったと思います。

それを考えるとスムーズに直線は全て追い通した勝ち馬と同等レベルの評価はしたいですし、持ち時計の無さや中山コース替わりはマイナスかもしれませんが良い感じのオッズなので今回は本命にしたいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。