【シルクロードS】推薦馬 過去10年データ考察から狙いは完全に関西馬!好走馬の共通点から穴で推薦したい1頭

プロモーション

函館記念:無料情報
土曜は函館2歳Sを的中!
函館重賞で連勝なるか注目です(^_-)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎函館2歳S
三連複10点500円 37.8倍
8番人気ニシノラヴァンダOK!
【払戻額】18,900円【回収率】378%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
函館記念の買い目もベタ乗りしてください。
→函館記念・無料情報
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 ナムラクレア 2人気
2着 ファストフォース 10人気
3着 マッドクール 1人気
2022年 1着 メイケイエール 2人気
2着 シャインガーネット 7人気
3着 ナランフレグ 3人気
2021年 1着 シヴァージ 4人気
2着 ライトオンキュー 3人気
3着 ラウダシオン 2人気
2020年 1着 アウィルアウェイ 3人気
2着 エイティーンガール 6人気
3着 ナランフレグ 8人気
2019年 1着 ダノンスマッシュ 1人気
2着 エスティタート 11人気
3着 ティーハーフ 12人気
2018年 1着 ファインニードル 4人気
2着 セイウンコウセイ 5人気
3着 フミノムーン 15人気
2017年 1着 ダンスディレクター 3人気
2着 セイウンコウセイ 4人気
3着 セカンドテーブル 7人気
2016年 1着 ダンスディレクター 2人気
2着 ローレルベローチェ 5人気
3着 ワキノブレイブ 11人気
2015年 1着 アンバルブライベン 2人気
2着 サドンストーム 3人気
3着 セイコーライコウ 12人気
2014年 1着 ストレイトガール 2人気
2着 レディオブオペラ 1人気
3着 リトルゲルダ 13人気

 

上記30頭

直近3年は中京開催のものですので、本来純粋な京都開催のみでデータ考察するなら2011年~が良さそうですね。

中京、京都問わず毎年かなり波乱傾向の強いレースで、この10年で7頭も10番人気以下が激走しています。

 

 

注目データ

 

過去10年

関東馬 0-3-3-40
関西馬 10-7-7-97

関東馬 0%/6.5%/13.0%
関西馬 8.3%/14.0%/19.8%

 

好走率、占有率どれを取っても関西馬が関東馬を圧倒しており、まずは大前提に関西馬から入りたいと思います。

更に関西馬で好走した馬の共通点を調べていると…

 

ナムラクレア
ファストフォース
マッドクール
メイケイエール
ライトオンキュー
ラウダシオン
アウィルアウェイ
エイティーンガール
ダノンスマッシュ
ティーハーフ
ファインニードル
フミノムーン
ダンスディレクター
セカンドテーブル
ダンスディレクター
ローレルベローチェ
アンバルブライベン
ストレイトガール
レディオブオペラ

 

直近5走以内

・2勝以上

・G2以上連対

・OP以上2連対以上

 

上記のどれかに当てはまる19頭が好走しており、全体30頭の約2分の1で占有率が非常に高いです。

直近5年の好走馬15頭中12頭が上記条件で近年好走率も増してきています。

2桁人気の馬を見ても、ファストフォース10人気2着、ティーハーフ12人気3着、フミノムーン15人気3着など拾えており、配当妙味にも期待できそう。

 

ルガル

ジューンオレンジ

サンライズロナウド

アグリ

テイエムスパーダ

バースクライ

オタルエバー

 

今年は上記7頭が該当しますが、過去の好走馬を調べていて関西馬が関東圏→関西圏(シルクロードS)のパターンが非常に凡走傾向で、前走スプリンターズS(中山)を除けば該当馬なし。

こうなると上記7頭から更に厳選し、下記をブログ注目馬とさせていただきます。

 

ルガル

サンライズロナウド

アグリ

テイエムスパーダ

 

馬券的にはルガル、アグリの2択と考えている人も多そうですが過去10年3分の2で占有率取れている条件に4頭しか該当しないので、どちらか走ってくる可能性は高そうです。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

この馬は非常に難しい馬で、3~5走前のように長い距離を逃げて直線垂れるような競馬が続いており正確が一本気質なこの馬にとって短距離の選択は非常に良いと思います。

2走前は距離ロスを抑えるためにインに拘った結果、直線ではドン詰まりでラスト100mほどしか追えず。

外伸び馬場を考えると内から良く伸びていたと思いますし、何より距離短縮でも問題なく追走できていたのが収穫でした。

前走は58キロを背負って前が残る展開を豪快に差し切り、もともとダートを使っていたような馬なので今のタフな京都芝も追い風でしょう。

今回はかなり斤量が減りますし枠的にもちょうど良い場所から他馬の出方を見ていけますし、前が引っ張ったら後方から、行く馬がいなければ番手でも競馬できる自在性も強みでしょう。

相変わらず追い切りすらまともに出来ない馬ですし、鞍上が極端な競馬をしなければ十分に馬券内は狙えると思いますし、何よりオッズ妙味が非常に高いので推薦したいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。