【きさらぎ賞】推薦馬 過去10年データ考察から毎年必ず馬券になっている必須条件該当のこの馬が本命

プロモーション


フェブラリーSは人気薄馬も注意
──────────────────
過去2年は上位5人気で決着したフェブラリーSですが、人気薄馬が絡むことも珍しくありません。2021年は8,9人気が2,3着、2020年は16人気ケイティブレイブが2着でした。2019年は8人気ユラノトが3着と、人気薄馬選びも大切です。
伏兵はここの推奨馬情報をチェックしましょう!
波乱のメイン競走も下位人気ドンピシャです!
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
共同通信杯 :9人気パワーホール
洛陽S   :12人気アサヒ
紫川特別  :8人気ミヤジシャルマン
白富士S  :9人気フライライクバード
石清水S  :9人気スミ
中山金杯  :8人気ククナ
有馬記念  :7人気スターズオンアース
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
フェブラリーSの推奨馬情報は
こちら↓↓から無料でチェックしましょう。
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 フリームファクシ 1人気
2着 オープンファイア 2人気
3着 クールミラボー 6人気
2022年 1着 マテンロウレオ 2人気
2着 ダンテスヴュー 3人気
3着 メイショウゲキリン 8人気
2021年 1着 ラーゴム 3人気
2着 ヨーホーレイク 2人気
3着 ランドオブリバティ 1人気
2020年 1着 コルテジア 7人気
2着 ストーンリッジ 4人気
3着 アルジャンナ 1人気
2019年 1着 ダノンチェイサー 3人気
2着 タガノディアマンテ 6人気
3着 ランスオブプラーナ 7人気
2018年 1着 サトノフェイバー 4人気
2着 グローリーヴェイズ 2人気
3着 ラセット 5人気
2017年 1着 アメリカズカップ 6人気
2着 サトノアーサー 1人気
3着 ダンビュライト 2人気
2016年 1着 サトノダイヤモンド 1人気
2着 レプランシュ 4人気
3着 ロイカバード 2人気
2015年 1着 ルージュバック 1人気
2着 ポルトドートウィユ 2人気
3着 アッシュゴールド 3人気
2014年 1着 トーセンスターダム 2人気
2着 バンドワゴン 1人気
3着 エイシンエルヴィン 6人気

 

過去10年で上記30頭

直近3年は中京開催で芝2000m、今年は京都に戻って芝1800mで開催されます。

この10年でMAX11頭と毎年少頭数なので大波乱は少ないです、点数を絞って挑みたいですね。

 

 

注目データ

 

2023年
1着 フリームファクシ
2着 オープンファイア
3着 クールミラボー

2022年
2着 ダンテスヴュー

2021年
2着 ヨーホーレイク

2020年
3着 アルジャンナ

2019年
1着 ダノンチェイサー

2018年
2着 グローリーヴェイズ

2017年
1着 アメリカズカップ
2着 サトノアーサー

2016年
1着 サトノダイヤモンド

2015年
2着 ポルトドートウィユ
3着 アッシュゴールド

2014年
1着 トーセンスターダム
3着 エイシンエルヴィン

 

上記は新馬戦で「1番人気」に支持されていた馬です。

好走馬30頭中15頭と半数が該当しています。

もちろんですが、この新馬戦1番人気馬というカテゴリーは毎年数が少なく占有率が半数ある事に少し驚いています。

それだけデビューから将来を期待されていた馬がシンプルに好走してきたという歴史でしょうか。

正直に言いますと、Twitterのポストで期待の3歳馬で名前を書いた通りビザンチンドリームはかなりの素質馬だと新馬戦後から感じていましたし、こちらに該当しないデータは何かないのかと考えていました。

前走のLAP、上がり、4角のポジションなど全て抜け目がなく本当に素晴らしいの一言、レース回顧派ならこの馬の将来に期待せずにはいられないと思います。

唯一この馬に該当しないのがデビュー時の人気かなと思います。

赤く塗りましたが、特に上記15頭中13頭(連対したほとんどの馬)は前走条件戦以上でした。

今年これに該当する馬は…

 

ファーヴェント

 

上記1頭のみ。

ブログの注目馬はこの1頭のみに絞りたいと思います。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

新馬戦では終始馬群の中で競馬をしながら折り合いに専念、4角出口ではスローから馬群が凝縮し行き場のない苦しい展開でした。

前の馬の手応えが悪くフラフラと邪魔になっていたが、外に出して交わすと一瞬の脚で抜き去ってデビュー勝ち。

この時に掲示板に載った馬は次走で全て馬券内に好走しており、そこまでレベルの低いものではありませんでした。

2戦目は逃げた馬がハイペースで飛ばす中で多少流れており、強風の影響もあり持ち味があまり活かせずに終わってしまいました。

それでも今回のメンバーと比較してもレベルの高い中でゴール前まで着差以上に強い競馬をしていますし、クラシックを意識して少頭数の中スロー濃厚な今回は展開も向くと思います。

特にここを騎手込みで勝負しにくるのは賞金加算は絶対条件でしょうし陣営の本気度が段違いだと思います。

まず馬券内は絶対に外さない(競馬に絶対はありませんがそれくらいの気持ち)と思って本命に指名したいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。