【京成杯】推薦馬 過去10年データ傾向から注目データを厳選紹介!今年のクラシック候補はコレだ!

プロモーション

桜花賞と大阪杯と高松宮記念と3連勝!!
完璧な的中をした無料予想があります。

人妻予想家の「あやさん」の無料重賞予想の的中がとまらない!
実際に配信された大阪杯の無料予想の買い目がこちら。
3連複予想 2,3-8,10,11-1,5,6,7,13(20点)
各2000円 大阪杯結果:11ー2ー13
3連複:22,720円×2000円=454,400円獲得!
+406,400円獲得!!
回収率947%!!

これだけじゃない! 無料予想
高額配当をビシビシ的中させています。
高松宮記念 →200,400円
桜花賞 →65,200円

阪神大賞典→17,700円
金鯱賞   →18,400円
中山記念  →729,800円
春G1 3連勝している無料予想はここだけです!
しかも無料予想はLINEで配信されているので、お気軽に確認できます。
LINE追加はコチラ
登録1分で重賞予想をゲットしよう。


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 ソールオリエンス 2人気
2着 オメガリッチマン 9人気
3着 セブンマジシャン 1人気
2022年 1着 オニャンコポン 6人気
2着 ロジハービン 5人気
3着 ヴェローナシチー 8人気
2021年 1着 グラティアス 1人気
2着 タイムトゥヘヴン 2人気
3着 テンバガー 6人気
2020年 1着 クリスタルブラック 7人気
2着 スカイグルーヴ 1人気
3着 ディアスティマ 6人気
2019年 1着 ラストドラフト 4人気
2着 ランフォザローゼス 2人気
3着 ヒンドゥタイムズ 7人気
2018年 1着 ジェネラーレウーノ 1人気
2着 コズミックフォース 2人気
3着 イェッツト 6人気
2017年 1着 コマノインパルス 1人気
2着 ガンサリュート 7人気
3着 マイネルスフェーン 3人気
2016年 1着 プロフェット 5人気
2着 ケルフロイデ 7人気
3着 メートルダール 2人気
2015年 1着 ベルーフ 3人気
2着 ブラックバゴ 1人気
3着 クルーガー 6人気
2014年 1着 プレイアンドリアル 5人気
2着 キングズオブザサン 1人気
3着 アデイインザライフ 4人気

 

過去10年で上記30頭

昨年は9頭と少ないメンバーでしたが、今年は過去1番とも言える豪華メンバーが集まりました。

 

 

注目データその1

 

2023年
1着 ソールオリエンス 該当
2着 オメガリッチマン 非該当
3着 セブンマジシャン 該当

2022年
1着 オニャンコポン 該当
2着 ロジハービン 該当
3着 ヴェローナシチー 該当

2021年
1着 グラティアス 該当
2着 タイムトゥヘヴン 該当
3着 テンバガー 非該当

2020年
1着 クリスタルブラック 該当
2着 スカイグルーヴ 該当
3着 ディアスティマ 非該当

2019年
1着 ラストドラフト 該当
2着 ランフォザローゼス 該当
3着 ヒンドゥタイムズ 該当

2018年
1着 ジェネラーレウーノ 該当
2着 コズミックフォース 非該当
3着 イェッツト 該当

2017年
1着 コマノインパルス 該当
2着 ガンサリュート 非該当
3着 マイネルスフェーン 該当

2016年
1着 プロフェット 該当
2着 ケルフロイデ 該当
3着 メートルダール 該当

2015年
1着 ベルーフ 該当
2着 ブラックバゴ 該当
3着 クルーガー 該当

2014年
1着 プレイアンドリアル 該当
2着 キングズオブザサン 該当
3着 アデイインザライフ 該当

 

過去10年で5番人気以下で収まったのはちょうど2014年の1回だけ。

10回中4回が12頭立て以下と頭数が集まらないレースにしては結構波乱傾向です。

そんな混戦レースも過去の好走馬は結構シンプルで

 

・2勝以上or重賞好走
・連対率100%or直近2戦連続上がり最速
・前走新馬戦1番人気+上がり3ハロン2位以内
・上がり最速1着+2着馬に着差を付けて勝利

 

上記に該当した馬が全体30頭中25頭が好走

この条件に該当しない馬が1年に2頭以上は走っていません。

 

現在月曜日の午前11時ですが、登録馬をざっと見てみると…

 

アーバンシック

キャントウェイト

ジュンゴールド

ハヤテノフクノスケ

バードウォッチャー

 

上記5頭しか該当馬がいません。

 

 

注目データその2

 

2023年
1着 ソールオリエンス 1位
2着 オメガリッチマン 3位
3着 セブンマジシャン 2位

2022年
1着 オニャンコポン 1位
2着 ロジハービン 2位タイ
3着 ヴェローナシチー 2位タイ

2021年
1着 グラティアス 1位
2着 タイムトゥヘヴン
3着 テンバガー 3位

2020年
1着 クリスタルブラック 1位
2着 スカイグルーヴ 3位
3着 ディアスティマ

2019年
1着 ラストドラフト 3位
2着 ランフォザローゼス
3着 ヒンドゥタイムズ 2位

2018年
1着 ジェネラーレウーノ
2着 コズミックフォース 1位
3着 イェッツト 3位

2017年
1着 コマノインパルス 2位タイ
2着 ガンサリュート 1位
3着 マイネルスフェーン 2位タイ

2016年
1着 プロフェット 3位
2着 ケルフロイデ
3着 メートルダール 2位

2015年
1着 ベルーフ 1位
2着 ブラックバゴ 3位
3着 クルーガー

2014年
1着 プレイアンドリアル 2位
2着 キングズオブザサン
3着 アデイインザライフ 1位

 

上記は上がり順位ですが、全体30頭中23頭が上がり1位~3位の範囲内

こちらも1年で上がり4位以下から2頭以上好走馬が出ていません。

結局はラストの直線で速い脚を使わないと好走は難しく、逃げて残ったのは2021年2着のタイムトゥヘヴン1頭のみ

そこで各馬の上がり実績を調べてみると…

 

・上がり33秒台を記録した事がない1勝馬
・上がり最速を記録した事がない1勝馬

 

2021年3着テンバガー

2020年3着ディアスティマ

2017年2着ガンサリュート

2015年3着クルーガー

 

上記2項目に該当した馬は4頭しか好走が出ておらず苦戦傾向でした。

言葉の裏返しですが30頭中26頭は33秒台or上がり最速を記録していたか、2勝以上馬だった事になります。

ここまでの2つの注目データ(勝馬は全馬該当、連対馬の約9割が該当していた条件)

 

アーバンシック

ジュンゴールド

ハヤテノフクノスケ

バードウォッチャー

 

上記4頭が今年の注目馬とさせていただきます。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

新馬戦ではゲートに入ってからキョロキョロと周りを見て落ち着かない様子で案の定出遅れ。

それでも行き足は良く先行集団へ、1コーナーで前が壁になり内外の両サイドも挟まれる形で、普通ならデビュー戦で出遅れを挽回して一気に前に行くと掛かりやすい場面だが騎手に従ってしっかりと減速

1つ下がったポジションから4角に入り直線に向くと、先に前で競馬していた3頭が横並びで外に出すまで反応は鈍かったが、ラスト1ハロンだけであっさりと抜け出しデビュー戦を勝利

この時外から一緒に追い込んだヴィクトリアドールは次走上がり最速の即勝ち上がり。

前半1.05.6と超スローペースで掛かりやすい場面も落ち着いて周回できていたし、札幌の短い直線で追い出し遅れを関係ない物とする脚の回転数には素質の塊だった。

続く2戦目の百日草特別は初戦と同じくゲート内ではキョロキョロと落ち着かず2回目の出遅れ。

最後方からレースを進め3コーナー入り口から進出開始、直線は大外から1頭だけ別次元の末脚でまとめて差し切った。

この時のレースLAPは12.2-11.9-11.7-11.5-11.3と1000m折り返しからゴールまで常時加速LAPという普通なら向かない展開を道中最後方からブチ抜いたのは強さの証明である。

ちなみに勝ち時計1.59.4は過去10年同レースの中でもダントツの1位、最速タイムである。

今年のクラシックを盛り上げてくれる1頭だと思うので頑張って欲しいと思います。

前日オッズ、当日オッズ見ても大満足です。ジュンゴールドとハヤテノフクノスケに流しても馬連ワイドで十分オッズありますし、複勝1本でも下限オッズ魅力的なんで正直ここはタダもらいだと思っています。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。