【朝日杯フューチュリティS】過去9年データ考察第四弾 前走2着以下から好走した5頭と馬券外経験馬の好走条件

プロモーション

桜花賞と大阪杯と高松宮記念と3連勝!!
完璧な的中をした無料予想があります。

人妻予想家の「あやさん」の無料重賞予想の的中がとまらない!
実際に配信された大阪杯の無料予想の買い目がこちら。
3連複予想 2,3-8,10,11-1,5,6,7,13(20点)
各2000円 大阪杯結果:11ー2ー13
3連複:22,720円×2000円=454,400円獲得!
+406,400円獲得!!
回収率947%!!

これだけじゃない! 無料予想
高額配当をビシビシ的中させています。
高松宮記念 →200,400円
桜花賞 →65,200円

阪神大賞典→17,700円
金鯱賞   →18,400円
中山記念  →729,800円
春G1 3連勝している無料予想はここだけです!
しかも無料予想はLINEで配信されているので、お気軽に確認できます。
LINE追加はコチラ
登録1分で重賞予想をゲットしよう。


過去好走馬の前走

 

ドルチェモア サウジアG3 1着
ダノンタッチダウン デイリーG2 2着
レイベリング 新馬 1着
ドウデュース アイビーS 1着
セリフォス デイリーG2 1着
ダノンスコーピオン 萩S 1着
グレナディアガーズ 未勝利 1着
ステラヴェローチェ サウジアG3 1着
レッドベルオーブ デイリーG2 1着
サリオス サウジアG3 1着
タイセイビジョン デイリーG2 1着
グランレイ 未勝利 1着
アドマイヤマーズ デイリーG2 1着

クリノガウディー 東京スポG3 7着
グランアレグリア サウジアG3 1着
ダノンプレミアム サウジアG3 1着
ステルヴィオ サウジアG3 2着
タワーオブロンドン 京王杯2G2 1着
サトノアレス ベゴニア500* 1着
モンドキャンノ 京王杯2G2 1着
ボンセルヴィーソ デイリーG2 2着
リオンディーズ 新馬 1着
エアスピネル デイリーG2 1着
シャドウアプローチ 京王杯2G2 3着
ダノンプラチナ ベゴニア500* 1着
アルマワイオリ デイリーG2 4着
クラリティスカイ いちょう 1着

 

阪神開催になってから前走敗退した馬の好走は実に5頭しかいません。

馬名を青く塗った馬がそれです。

 

クリノガウディー 東京スポG3 7着
ステルヴィオ サウジアG3 2着
ボンセルヴィーソ デイリーG2 2着
シャドウアプローチ 京王杯2G2 3着
アルマワイオリ デイリーG2 4着

 

前走全馬重賞レース、この時点で当たり前ですが前走重賞以外で負けていた馬はここで好走する資格はありません。

そして1年でこの前走敗退組が3つある席の2つ以上を埋めたことはないです。

非常に狭き門であることは間違いありません。

 

今年この該当は、

 

アスクワンタイム

エンヤラヴフェイス

クリーンエア

ナムラフッカー

バンドシェル

ミルテンベルク

 

上記6頭と意外にも多いです。

 

過去好走馬の前々走に1つ注目してみてみましょう。

 

クリノガウディー 新馬戦上がり最速1着-0.2秒
ステルヴィオ コスモス賞上がり2位1着
ボンセルヴィーソ 未勝利戦上がり2位1着-0.2秒
シャドウアプローチ ききょうS上がり3位1着
アルマワイオリ もみじS上がり2位1着

 

前走敗退=2走前全馬1着

この阪神で行われた朝日杯FSの好走馬全馬

 

2走内で勝った馬しか好走していないと言う事です。

 

特に全馬共通して上がり3位以内、OP以上は問題ありませんが

それ以外は2着に最低でも-0.2秒差の勝利が必要です。

今年の該当馬をみていきましょう。

 

アスクワンタイム 小倉2歳S 1着上がり1位0.0

エンヤラヴフェイス 新潟2歳S 7着上がり5位0.9

クリーンエア 新潟2歳S 3着上がり4位0.3

ナムラフッカー 1勝クラス 3着上がり3位0.7

バンドシェル 新馬戦 1着上がり1位0.0

ミルテンベルク 小倉2歳S 2着上がり2位0.0

 

かなり甘く判定してもアスクワンタイムとミルテンベルクの2走前小倉組

それ以外は着差や上がりなど含めかなり厳しいかと思います。

一応今年の前走敗退馬でギリ買えそうなのは、

 

アスクワンタイム

ミルテンベルク

 

上記2頭です。

そしてもう一度書きますが、1年でこの前走敗退組が3つある席の2つ以上を埋めたことはないです。

ですので推薦馬として名前が上がる可能性は少々厳しいかなという印象です。

 

 

馬券外経験馬について

 

ここまでの考察は前走敗退馬について書いてきましたが、

1度でも馬券外に飛んだ経験のある馬はどうなのか?

気になったので合わせて調べてみました。

 

2020年1着グレナディアガーズ

2018年2着クリノガウディー

2016年3着ボンセルヴィーソ

2014年2着アルマワイオリ

2014年3着クラリティスカイ

 

上記5頭のみでした。

連対した3頭に注目すると

 

グレナディアガーズ 上がり最速-0.5秒差1着

クリノガウディー 上がり最速-0.2秒差1着

アルマワイオリ 上がり最速-0.6秒差1着

 

上がり1位かつ着差を付けて勝利経験あり。

最低でも0.2秒欲しいですが、意外にも毎年該当する馬が少なく今年も鬼門です。

3着に好走した2頭

 

ボンセルヴィーソ 前走デイリー杯2着

クラリティスカイ 前走OPクラス1着

 

前走OPで最低でも連対は欲しいところ。

今年の出走馬を見ると

 

アスクワンタイム

エンヤラヴフェイス

クリーンエア

ジューンテイク

タガノデュード

ナムラフッカー

バンドシェル

ミルテンベルク

 

意外にも半数近い8頭が今年該当します。

この中で過去に上がり最速-0.2秒差の勝利経験のある馬は

 

アスクワンタイム

エンヤラヴフェイス

タガノデュード

ミルテンベルク

 

上記4頭で、前走デイリー杯2歳Sを連対しているエンヤラヴフェイスが例外候補でクリアです。

 

 

本日は最後に阪神開催に変更されて9年の好走馬全ての前走を見ると

 

ドルチェモア
ダノンタッチダウン
レイベリング
ドウデュース
セリフォス
ダノンスコーピオン
グレナディアガーズ
ステラヴェローチェ
レッドベルオーブ
サリオス
タイセイビジョン
グランレイ
アドマイヤマーズ
クリノガウディー
グランアレグリア
ダノンプレミアム
ステルヴィオ
タワーオブロンドン
サトノアレス
モンドキャンノ
ボンセルヴィーソ
リオンディーズ
エアスピネル
シャドウアプローチ
ダノンプラチナ
アルマワイオリ
クラリティスカイ

 

まだ9年と年数が浅いですが、ここまで1頭も好走馬が出ていないパターンがあります。

今年も該当馬がいますので少し割り引いて考えたいです。

 

前走◯◯だった馬

【0-0-0-16】好走率0%

 

上記の該当馬3頭と条件を次回更新までブログランキングへ掲載しておきます。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。