【宝塚記念】過去20年データ考察第四弾 京都2200m戦で本当に有利な枠順とは?内枠有利は本当なのか考察

プロモーション

函館記念:無料情報
土曜は函館2歳Sを的中!
函館重賞で連勝なるか注目です(^_-)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎函館2歳S
三連複10点500円 37.8倍
8番人気ニシノラヴァンダOK!
【払戻額】18,900円【回収率】378%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
函館記念の買い目もベタ乗りしてください。
→函館記念・無料情報
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)


枠順確定

 

1枠1番 シュトルーヴェ
2枠2番 ジャスティンパレス
3枠3番 ベラジオオペラ
4枠4番 ドウデュース
4枠5番 ディープボンド
5枠6番 ヒートオンビート
5枠7番 プラダリア
6枠8番 カラテ
6枠9番 ソールオリエンス
7枠10番 ローシャムパーク
7枠11番 ヤマニンサンパ
8枠12番 ブローザホーン
8枠13番 ルージュエヴァイユ

 

本日枠順発表がありました。

人気どころは内に固まった印象で、偶数馬番も引いているので第一印象としては各馬希望通りに入ったかなと言う印象です。

 

 

京都2200m枠順データ

 

今年は阪神2200mではなく京都2200mで開催されます。

同じ京都2200mで開催される重賞は主に3つ

 

エリザベス女王杯

京都新聞杯

京都記念

 

上記になります。

この3つを参考に見ていきたいのですが、天候や開催時期も違うので参考程度にお願いします。

まず最初に3つの過去10年を遡ってみましたが、最小で10頭立て、最多で18頭立てとかなりばらつきがありましたので2分割して考えたいと思います。

全体で24レース、そのうち15頭以上が12レース、14頭以下が12レースです。

 

京都2200m15頭立て以上(G3~G1)

1枠 4-1-1-14 20.0%/25.0%/30.0%
2枠 3-2-2-17 12.5%/20.8%/29.2%
3枠 1-3-1-19 4.2%/16.7%/20.8%
4枠 1-2-3-18 4.2%/12.5%/25.0%
5枠 0-2-1-21 0.0%/8.3%/12.5%
6枠 2-1-1-20 8.3%/12.5%/16.7%
7枠 1-0-1-27 3.4%/3.4%/6.9%
8枠 0-1-2-28 0.0%/3.2%/9.7%

 

内外差

1~2枠 7-3-3-31 15.9%/22.7%/29.5%
7~8枠 1-1-3-55 1.7%/3.3%/8.3%

 

これを見る限り圧倒的に内枠有利に見えますね。

人気馬を除いた数字をチェックしていきましょう。

 

京都2200m15頭立て以上(G3~G1)

※1~3人気除く

1枠 1-0-0-9 10.0%/10.0%/10.0%
2枠 0-2-1-16 0.0%/10.5%/15.8%
3枠 1-2-1-17 4.8%/14.3%/19.0%
4枠 1-1-1-15 5.6%/11.1%/16.7%
5枠 0-2-0-18 0.0%/10.0%/10.0%
6枠 1-1-0-20 4.5%/9.1%/9.1%
7枠 1-0-1-21 4.3%/4.3%/8.7%
8枠 0-0-2-26 0.0%/0.0%/7.1%

 

内外差

1~2枠 1-2-1-25 3.4%/10.3%/13.8%
7~8枠 1-0-3-47 2.0%/2.0%/7.8%

 

先ほどと比較するとかなりフラットに近づいた気がします。

というのも1枠に入った馬の約半数が当日1~3番人気で数字の底上げに関係していた事が良く分かります。

いくら内枠有利とは言え、外枠にイクイノックスが3年連続で入れば当然外の数字は跳ねますので、大切なのは人気のない馬が枠の恩恵を活かしてどれだけ馬券内に食い込めるかが考察ポイントだと思います。

続いて14頭立て以下だったレースを見ていきましょう。

 

京都2200m14頭立て以下(G3~G1)

1枠 0-1-1-10 0.0%/8.3%/16.7%
2枠 1-0-1-10 8.3%/8.3%/16.7%
3枠 1-2-1-9 7.7%/23.1%/30.8%
4枠 1-1-2-11 6.7%/13.3%/26.7%
5枠 2-1-1-16 10.0%/15.0%/20.0%
6枠 3-1-2-15 14.3%/19.0%/28.6%
7枠 2-5-2-15 8.3%/29.2%/37.5%
8枠 2-1-2-19 8.3%/12.5%/20.8%

 

内外差

1~2枠 1-1-2-20 4.2%/8.3%/16.7%
7~8枠 4-6-4-34 8.3%/20.8%/29.2%

 

これ相当面白いですよね。

頭数が違うだけでこれだけ傾向が逆転するのは驚きです。

先ほど圧倒的な数値だった1枠2枠が揃って最低好走率を記録、外が走りまくっています。

同じく1~3番人気を除いた数字を見ていきましょう。

 

京都2200m14頭立て以下(G3~G1)

※1~3人気除く

1枠 0-0-1-9 0.0%/0.0%/10.0%
2枠 0-0-1-8 0.0%/0.0%/11.1%
3枠 0-0-0-8 0.0%/0.0%/0.0%
4枠 1-1-1-10 7.7%/15.4%/23.1%
5枠 1-0-0-12 7.7%/7.7%/7.7%
6枠 1-0-1-14 6.3%/6.3%/12.5%
7枠 1-2-1-13 5.9%/17.6%/23.5%
8枠 1-0-1-17 5.3%/5.3%/10.5%

 

内外差

1~2枠 0 0 2 17 0.0% 0.0% 10.5%
7~8枠 2 2 2 30 5.6% 11.1% 16.7%

 

人気馬を除いても外が優勢です。

1コーナーまでの距離が短いので多頭数になった場合、外がかなり不利になるイメージでしょうか。

頭数が落ち着いたレースではむしろ外が優勢に。

これは下り坂を利用して加速する際に包まれて動けないリスクより、多少外を通ったとしてもスムーズに動ける外側の方が有利に働いている証拠だと思います。

多頭数だとゴチャついたりかなり外を回さなければ行けない影響で、距離ロスや不利を考慮すると最短でインを通した方が有利になるのではないでしょうか。

 

頭数関係なし、全体で一気に過去データを抽出すれば当然「内枠有利」に見えてしまうでしょうが、これは人気馬が数値を底上げ(1枠の約半数が1~3人気馬)している影響がかなり多く、本来の枠を活かして有利になるポジションとしては個人的に「外枠優勢」と判断したいと思います。

今年は13頭で開催されますし、傾向としては今回の「14頭立て以下」の方を重視したいところ。

更に土曜日から雨マークですし、開催最終週となれば内が使えない可能性も出てくる中で外枠優勢で間違いないと個人的には感じています。

 

 

枠順総評

 

過去の宝塚記念の枠順考察は今年使えませんので、京都開催という点を加味して個人的な感想にはなりますが、今回の枠順の短評を何頭か書いて行きたいと思います。

 

1枠1番 シュトルーヴェ

去勢明けから3連勝、3走前はスタートしてからインに張り付きコーナーもロスカット、直線も狭い馬群を割って一旦ブレーキを掛けるシーンもありましたが再加速して勝利

2走前もコーナーで外を回さず直線は馬群の真ん中を割ってゴール前もう一伸び

前走は直線で大外に出したがコーナーは馬群の真ん中を通しており3連勝の中で1度もコーナー大外ぶんまわしが無い馬

3レース全てで違う騎手が乗っても馬群を割って伸びており、最内枠だとしても全く問題なさそうな1頭

今回はレーン騎手、下げて素直に大外ぶんまわしは考え難いですし、ロス無く周回して馬群を割りながら最短コースとなると少し怖い1枠に入った印象です。

 

2枠2番 ジャスティンパレス

この馬の持ち味はコーナーからポジションを上げて行くロンスパ戦なので個人的にはこの内枠はマイナス材料です。

京都の下り坂を上手く利用するなら、いつでも動ける外枠が絶好だったと感じます。

流石に包まれて動きたいときに動けないのが1番怖いのと、メンバーを見渡しても圧倒的に先行勢が手薄なことを考えればルメール騎手はスタート次第で先行策を取ってくる可能性あり。

スターズオンアースが有馬記念で8枠からタイトルホルダーのすぐ後ろを取るとは誰も予想できなかったはず。

それをルメール騎手は涼しい顔してやってくる騎手ですから内枠に入った以上、我慢して直線勝負はあまり無いかなと…どちらにしても道中は動きのあるレースになりそうです。

 

3枠3番 ベラジオオペラ

枠の並び的にもディープボンドより内に入ったことでスタートさえ決まれば逃げるのはこの馬かなと思います。

流石にズブくて加速力のないディープボンドがベラジオオペラを外から交わして1コーナーまでにハナを取り切れる可能性はかなり低いと思うので番手から突かれることもなくマイペースの逃げになりそう。

そう考えれば奇数を引きましたが内枠は最短コースなので良いところに入った印象です。

 

4枠4番 ドウデュース

ジャスティンパレス同様に道中から動きたい馬なので枠だけ見ればシンプルに内枠はマイナスです。

しかし幸運にも内側に逃げるであろうベラジオオペラ、その番手を取りたいであろうディープボンドに挟まれているので両サイドのスペースは思った以上にありそう。

スタート出てからベラジオオペラを行かせた内側のスペースに入らず、そのままディープボンドが抜けた外目に張っていればかなり包まれるリスクは回避できるかなと。

後ろからでしょうが直線はバラけるでしょうし外枠が欲しかったのは間違いないですが、そこまで評価を下げる必要は無いかなと思います。

 

4枠5番 ディープボンド

スタートから押して行くでしょう、前に行きたい馬が内側の枠を引けたのは良いと思います。

 

7枠10番 ローシャムパーク

外目の偶数枠、道中動ける馬ですし極端に下げたくないと思うので絶好枠かなと思います。

 

8枠12番 ブローザホーン

外目の偶数枠、個人的に一番欲しかった場所なので本当に最高です。何も言う事ありません。

 

8枠13番 ルージュエヴァイユ

距離はギリギリな感じがするので極力距離ロスを抑えながら追走したい中で大外は少し不安ですが、最内枠と比べたらまだマシかなと。

枠順からは評価を落とすことも上げることもない1頭です。

 

 

名前を書いていない馬は特になにもありません、可もなく不可もなく。

プラダリア何かも極端な枠ではありませんし良いところに入ったかなと思います。

1番人気2番人気の道中動きたいコンビが内枠に入ったのが…と言う印象で他は全て良いところに収まったのではないでしょうか。

 

 

木曜日限定記事

 

本日ラストは今回の枠順考察でも重要なレースとしてカウントしたとある条件に絞った場合の宝塚記念の成績を見てきたいと思います。

 

・同年の○○を上がり3位以内で勝利

・出走時点で重賞3勝以上

・前走G1以外で馬券外を除く

 

過去20年【3-1-0-0】連対率100%

 

今年は京都2200mでの開催なので過去の条件とは少しズレますが、逆にリンクしやすくなっている可能性もあるので注目したいですね。

○○に入る条件と今年唯一の該当馬を次回更新までブログランキングへ公開しておきます。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。