【ラジオNIKKEI賞】過去10年データ考察 好走馬の前走ステップから狙いは完全にコレ!推薦したい穴馬1頭

プロモーション

函館記念:無料情報
土曜は函館2歳Sを的中!
函館重賞で連勝なるか注目です(^_-)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎函館2歳S
三連複10点500円 37.8倍
8番人気ニシノラヴァンダOK!
【払戻額】18,900円【回収率】378%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
函館記念の買い目もベタ乗りしてください。
→函館記念・無料情報
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 エルトンバローズ 3人気
2着 シルトホルン 4人気
3着 レーベンスティール 1人気
2022年 1着 フェーングロッテン 3人気
2着 ショウナンマグマ 8人気
3着 サトノヘリオス 2人気
2021年 1着 ヴァイスメテオール 4人気
2着 ワールドリバイバル 11人気
3着 ノースブリッジ 7人気
2020年 1着 バビット 8人気
2着 パンサラッサ 7人気
3着 ディープキング 5人気
2019年 1着 ブレイキングドーン 3人気
2着 マイネルサーパス 9人気
3着 ゴータイミング 6人気
2018年 1着 メイショウテッコン 2人気
2着 フィエールマン 1人気
3着 キボウノダイチ 9人気
2017年 1着 セダブリランテス 2人気
2着 ウインガナドル 8人気
3着 ロードリベラル 9人気
2016年 1着 ゼーヴィント 1人気
2着 ダイワドレッサー 9人気
3着 アーバンキッド 5人気
2015年 1着 アンビシャス 1人気
2着 ミュゼゴースト 4人気
3着 マルターズアポジー 12人気
2014年 1着 ウインマーレライ 5人気
2着 クラリティシチー 1人気
3着 ウインフェニックス 7人気

過去10年で上記30頭

 

福島の開幕を飾る重賞レースですが、ハンデ戦の割に大波乱は少なく昨年も1~4番人気以内で堅い決着に。

今年は現在出走登録13頭と落ち着いた印象で、中波乱はあっても配当的に大波乱までは行かないかなと思っています。

 

好走馬の前走

 

エルトンバローズ 1勝クラス*
シルトホルン 1勝クラス*
レーベンスティール 1勝クラス*
フェーングロッテン 白百合S(L)
ショウナンマグマ プリンシ(L)
サトノヘリオス 皐月賞G1
ヴァイスメテオール プリンシ(L)
ワールドリバイバル 皐月賞G1
ノースブリッジ 青葉賞G2
バビット 早苗賞・1勝*
パンサラッサ 1勝クラス
ディープキング 1勝クラス
ブレイキングドーン 京都新聞G2
マイネルサーパス 東京優駿G1
ゴータイミング 500万下*
メイショウテッコン 白百合S
フィエールマン 山藤賞500*
キボウノダイチ 500万下*
セダブリランテス 早苗賞500*
ウインガナドル 夏木立賞500*
ロードリベラル 江の島特1000
ゼーヴィント プリンシ
ダイワドレッサー 優駿牝馬G1
アーバンキッド NHKマG1
アンビシャス プリンシ
ミュゼゴースト 白百合S
マルターズアポジー プリンシ
ウインマーレライ 青葉賞G2
クラリティシチー 500万下*
ウインフェニックス NHKマG1

 

これは毎年言っている事ですが、見ての通り「前走非重賞戦使用馬」が圧倒的に好走しています。

好走馬30頭中21頭が条件戦~OPとなっており3分の2は下のクラスで頑張っていた馬です。

ここで今年の想定人気を見てみましょう。

 

1番人気 サトノシュトラーセ 青葉賞G2

2番人気 ウインマクシマム 青葉賞G2

3番人気 ショーマンフリート 1勝クラス

4番人気 シリウスコルト 皐月賞G1

5番人気 アレグロブリランテ 皐月賞G1

6番人気 セットアップ サウジG3(朝日杯FS)

 

好走馬の半数以上が前走条件戦~OPにも関わらず上位人気は前走G1~G3を使ってきた馬で構成されています。

毎年これがデフォルトなので、先に説明したように馬券的な妙味を考えても狙いは完全に「前走非重賞戦使用馬」なんです。

 

上記の過去好走馬を抽出してみましょう。

 

エルトンバローズ 1勝クラス*
シルトホルン 1勝クラス*
レーベンスティール 1勝クラス*
フェーングロッテン 白百合S(L)
ショウナンマグマ プリンシ(L)
ヴァイスメテオール プリンシ(L)
バビット 早苗賞・1勝*
パンサラッサ 1勝クラス
ディープキング 1勝クラス
ゴータイミング 500万下*
メイショウテッコン 白百合S
フィエールマン 山藤賞500*
キボウノダイチ 500万下*
セダブリランテス 早苗賞500*
ウインガナドル 夏木立賞500*
ロードリベラル 江の島特1000
ゼーヴィント プリンシ
アンビシャス プリンシ
ミュゼゴースト 白百合S
マルターズアポジー プリンシ
クラリティシチー 500万下*

 

特に注目したいのが「過去に○○実績」のあった馬です。

上記の赤く塗った馬が該当馬ですが、ラジオNIKKEI賞全体の好走馬30頭のうち前走非重賞戦使用馬の15頭が該当しており馬券内占有率50%と非常に強力なデータになります。

特に直近を見ると好走馬のほとんどが該当しており、近年その傾向は強まってきている印象です。

 

今年の該当馬を見てみましょう。

 

オフトレイル 7番人気想定

ショーマンフリート 3番人気想定

ヤマニンアドホック 9番人気想定

 

馬券的にも楽しみな馬が残りました。

○○実績については記事下部のブログランキングをクリックして頂き、ブログ紹介文に記載してあるので気になる方は覗いて見てください。

(次回更新まで掲載しておきます。)

 

注目馬

 

馬券は当然ながら前走非重賞戦使用馬を狙いたいところですが、上記の注目データ該当馬の中でも特に推薦したい馬がいます。

想定オッズからも非常に楽しみな1頭ですが、その馬は…

 

ヤマニンアドホック 9番人気想定

 

前走の山藤賞のLAPがシンプルに良いです。

スタートから1度も押すことなくナチュラルにハナを取り切ると、前半1000m1.02.1秒のスローペースに落としての逃げ。

12.4-12.2-12.1-11.7-11.5-11.5と徐々にペースを上げて行きゴール前の急坂でも減速することなく1馬身差の完勝でした。

2着のショーマンフリートを4角出口で一度突き離しており、ポジションの差で取りこぼしたように見えますが、レースを見返してもエンジンの掛かりが遅く、このコースであれば何度やってもヤマニンアドホックが勝っていたレースだと感じます。

そのショーマンフリートは次走東京コースを使ってきており、長い直線を活かしての勝利でした。

負かした相手が次走で即結果を出している辺りにレベルの高さを感じますし、再度小回りの開幕週となればショーマンフリートに後ろから差されるイメージも想像し難いかなと思います。

一度負かした相手が3番人気想定、こちらは9番人気想定、斤量差も無く向こうは1戦余計に使う必要があった点からも完全に臨戦過程はこちらの方が上です。

2走前の1勝クラスはヘデントールに完敗でしたが、青葉賞0.6秒差、次走も上がり最速で2馬身圧勝の素質馬でしたし、2馬身以上離したエコロマーズも次走以降は連続で馬券内

このときは初の重馬場が合わなかったかなと言う印象で、ロス無く立ち回ったのは良かったですが馬場が荒れて伸びないインに突っ込んだのも敗因だったと思います。

3走前はグラウンドビートを1馬身以上突き離して勝利、この馬はダートに路線変更してから3連勝、これまで対戦してきた相手もなかなか濃いと思います。

4戦使っていますが全て馬券内、後方からの差し、道中ポジション上げ、番手や逃げの競馬、これまで全て自在性のある競馬をしながら全て上がり3位以内にまとめている点も非常に評価できます。

ローテーションに余裕がある中で休養を挟んで6月2日から意欲的に乗り込まれており、本数もかなり消化している中で、2週前追い切りは82.7-67.3-52.4-37.8-23.7-11.2と自己ベストを軽く更新

その後もコースで何本も追い切りを消化しており、順調そのものだと思います。

前走ステップ良し、中間追い切り良し、想定オッズ良し、先行して上がりを使える脚質良し、小回り実績良しとなると後は枠順だけだと思います。

このラジオNIKKEI賞は枠順ハンデ戦と言っても良いくらい内枠有利なので、流石に外枠に入った場合は考え直しますが現段階ではこちらが本命予定、枠順確定まで楽しみに待ちたいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。