【函館スプリントS】推薦馬 過去10年データ考察から今年最も重要視したいのは持ち時計!注目はこの4頭

プロモーション

ここの無料情報は・・・
回収率200~600%狙える!
宝塚記念前に軍資金稼ぎです(^^)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:中央
・6/09 東京1R
三連複19点→11,190円
回収率:589%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:地方
・6/20 浦和5R  回収率:200%
・6/14 名古屋3R 回収率:412%
・6/13 名古屋3R 回収率:327%
━━━━━━━━━━━━━━
まだ間に合いますよ!
土曜・日曜も無料情報あり!
宝塚記念前にここで軍資金を増やしましょう(^_-)
→無料情報を確認する
↑からLINE友だち追加して無料買い目を見てください。


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 キミワクイーン 3人気
2着 ジュビリーヘッド 5人気
3着 トウシンマカオ 1人気
2022年 1着 ナムラクレア 1人気
2着 ジュビリーヘッド 7人気
3着 タイセイアベニール 13人気
2021年 1着 ビアンフェ 5人気
2着 カレンモエ 1人気
3着 ミッキーブリランテ 4人気
2020年 1着 ダイアトニック 1人気
2着 ダイメイフジ 10人気
3着 ジョーマンデリン 3人気
2019年 1着 カイザーメランジェ 5人気
2着 アスターペガサス 2人気
3着 タワーオブロンドン 1人気
2018年 1着 セイウンコウセイ 3人気
2着 ヒルノデイバロー 10人気
3着 ナックビーナス 1人気
2017年 1着 ジューヌエコール 3人気
2着 キングハート 4人気
3着 エポワス 7人気
2016年 1着 ソルヴェイグ 12人気
2着 シュウジ 2人気
3着 レッツゴードンキ 7人気
2015年 1着 ティーハーフ 4人気
2着 アースソニック 14人気
3着 レンイングランド 12人気
2014年 1着 ガルボ 8人気
2着 ローブティサージュ 6人気
3着 クリスマス 4人気

 

過去10年で上記30頭

函館開幕週の1発目の名物重賞です。

10年全てで当日5番人気以下が1頭以上好走しており波乱傾向の高い1戦となっております。

 

 

注目データ

 

開幕週と言う事で毎年かなり速い決着タイムになりやすく、今年も土曜日の未勝利戦で1.07.9と凄い時計が出ていますので今年も1分7秒前後の決着になりそうです。

そこで注目したいのが出走時点での「持ち時計」

去年と全く同じ予想になりますが、この持ち時計上位を狙うのが函館スプリントSの基本になってきます。

 

2023年
1着 キミワクイーン
2着 ジュビリーヘッド あり
3着 トウシンマカオ あり

2022年
1着 ナムラクレア あり
2着 ジュビリーヘッド あり
3着 タイセイアベニール

2021年
1着 ビアンフェ あり
2着 カレンモエ あり
3着 ミッキーブリランテ あり

2020年
1着 ダイアトニック あり
2着 ダイメイフジ
3着 ジョーマンデリン あり

2019年
1着 カイザーメランジェ あり
2着 アスターペガサス
3着 タワーオブロンドン あり

2018年
1着 セイウンコウセイ
2着 ヒルノデイバロー あり
3着 ナックビーナス あり

2017年
1着 ジューヌエコール
2着 キングハート あり
3着 エポワス あり

2016年
1着 ソルヴェイグ
2着 シュウジ
3着 レッツゴードンキ

2015年
1着 ティーハーフ
2着 アースソニック あり
3着 レンイングランド

2014年
1着 ガルボ
2着 ローブティサージュ
3着 クリスマス

 

・1200m戦で1分8秒未満での好走歴

・1400m戦で1分20秒未満での好走歴

 

上記に該当した馬が好走馬30頭中16頭と半数以上を占めます。

特に実際のレースで好走馬の走破時計が全て1分8秒未満で収まった年で計算すると…

 

2022年
1着 ナムラクレア あり
2着 ジュビリーヘッド あり
3着 タイセイアベニール

2021年
1着 ビアンフェ あり
2着 カレンモエ あり
3着 ミッキーブリランテ あり

2020年
1着 ダイアトニック あり
2着 ダイメイフジ
3着 ジョーマンデリン あり

2018年
1着 セイウンコウセイ
2着 ヒルノデイバロー あり
3着 ナックビーナス あり

2017年
1着 ジューヌエコール
2着 キングハート あり
3着 エポワス あり

 

好走馬15頭中11頭、馬券内好走馬の2頭以上が毎年該当しています。

特に縛りを入れなくとも馬場の高速化が進んでいる近年では7年連続で2頭以上好走馬が該当していますので要注目です。

更に年によっては該当馬が2~3頭と少ないときも多く、該当馬が少ない中でこれだけ結果が出ているのは素晴らしいと思います。

2019年は禁止薬物騒動の影響で6頭の除外、該当馬はカイザーメランジェとタワーオブロンドンの2頭だけでしたが2頭はしっかりと馬券内に入っています。

更に10番人気2着のヒルノデイバロー、14番人気2着のアースソニックなど2桁人気もしっかりと該当して好走していますので妙味もあります。

 

今年コレに該当する馬を見ていきましょう。

 

サウザンサニー

アサカラキング

サトノレーヴ

シュバルツカイザー

ジャスティンスカイ

ビッグシーザー

 

上記6頭

これまで調べてきた中ではかなり多いです。

それだけ前哨戦含め馬場の高速化が進んできている証拠だと感じます。

流石に該当しない馬が1頭間に割って入るとするならば6頭は多いので個人的な主観が入ってしまって申し訳ないですが、前走G1以外で4角10番手以下だったサウザンサニー、5歳以上で1200~1400m重賞実績のない1200m戦1勝馬のジャスティンスカイ、この2頭は軽視したいと思います。

 

アサカラキング

サトノレーヴ

シュバルツカイザー

ビッグシーザー

 

上記4頭がブログ注目馬

結局人気馬が揃って該当してしまい今年に限っては面白味のない考察になりましたが、来年以降もリンクしてくる部分だと思うので頭の片隅に入れておいてください。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

3走前は怪我明け復帰初戦、引退の話が出たほど競走馬としては致命的なもので状態面も万全ではないながら先行押切勝ち

2走前も怪我の具合を経過観察しながら長期休養明けのぶっつけ本番、更には負けたレースは全て良馬場以外という不得意な馬場の中で勝ち馬と差のない競馬で踏ん張っていた。

ようやく本来の追い切りが組めるようになってきた前走はイン前有利の先行馬決着を1頭だけ外で受けて直線差し切り勝ち

差は僅かだったが内容はかなり濃い1戦で、このレースは流石に評価しなければならない。

中間の追い切りもこれまでと比較しても順調に消化できているし、万全では無い中でこの戦績なら上積みしかないような馬

枠は少し内側に入りすぎた感がありますが、不利なくスタートさえ決めて逃げ馬を見ながら道中5馬身圏内を追走できればまず崩れることは無いと思います。

休養が続き年齢の割にキャリアが非常に浅い馬、ここから弾みを付けて先々の大きな舞台で活躍してくれることを願って本命にしたいと思います。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。