【フラワーC】推薦馬 過去10年データ考察から前走4角ポジションに的中ヒントあり!穴推薦馬と本命馬はコレ

プロモーション

無料買い目情報が・・・
G1で4勝!
安田記念もここの無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報の戦績
-オークス-
三連複10点500円 16.9倍
【獲得額】8,450円【回収率】141%
-天皇賞春-
三連複12点400円 77.5倍
【獲得額】31,000円【回収率】646%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
-皐月賞-
三連複10点500円 59.4倍
【獲得額】23,760円【回収率】594%
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
━━━━━━━━━━━━━━
まずは土曜の無料情報・鳴尾記念に注目してください。
→無料情報を確認
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!


過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2023年 1着 エミュー 2人気
2着 ヒップホップソウル 8人気
3着 パルクリチュード 3人気
2022年 1着 スタニングローズ 2人気
2着 ニシノラブウインク 9人気
3着 シンティレーション 1人気
2021年 1着 ホウオウイクセル 5人気
2着 エンスージアズム 2人気
3着 ユーバーレーベン 1人気
2020年 1着 アブレイズ 12人気
2着 レッドルレーヴ 4人気
3着 シーズンズギフト 1人気
2019年 1着 コントラチェック 2人気
2着 エールヴォア 1人気
3着 ランブリングアレー 5人気
2018年 1着 カンタービレ 2人気
2着 トーセンブレス 3人気
3着 ノームコア 4人気
2017年 1着 ファンディーナ 1人気
2着 シーズララバイ 8人気
3着 ドロウアカード 7人気
2016年 1着 エンジェルフェイス 1人気
2着 ゲッカコウ 2人気
3着 ウインクルサルーテ 14人気
2015年 1着 アルビアーノ 1人気
2着 アースライズ 12人気
3着 ディアマイダーリン 2人気
2014年 1着 バウンスシャッセ 3人気
2着 マイネグレヴィル 4人気
3着 パシフィックギャル 6人気

 

過去10年で上記30頭が好走

5番人気以内で決着したのは1回のみ、少頭数だった年も割と波乱傾向です。

昨年は◎エミューで自信の単勝1本勝負だったので今年も的中できるように頑張ります。

 

注目データ

 

2022年
1着 スタニングローズ

2021年
2着 エンスージアズム

2020年
1着 アブレイズ
2着 レッドルレーヴ
3着 シーズンズギフト

2019年
1着 コントラチェック
2着 エールヴォア
3着 ランブリングアレー

2018年
1着 カンタービレ
2着 トーセンブレス
3着 ノームコア

2017年
1着 ファンディーナ
3着 ドロウアカード

2016年
1着 エンジェルフェイス
2着 ゲッカコウ
3着 ウインクルサルーテ

2015年
1着 アルビアーノ
2着 アースライズ

2014年
1着 バウンスシャッセ
2着 マイネグレヴィル

 

上記は前走4角4番手以内だった馬です。

好走馬30頭中19頭と3分の2を占める注目馬です。

特に出走頭数が12~14頭と少なかった2020年、2019年、2018年はワンツースリーを決めており、頭数が落ち着くほど前が残りやすい傾向にあります。

今年は12頭と過去10年では最低頭数(タイ)なので上記の先行馬は注目したいです。

該当19頭中15頭が4角4番手以内から勝っており、残りの4頭中2頭は馬券内、1頭は重賞で掲示板

大敗から巻き返したウインクルサルーテは何も該当していませんが基本的には好走馬を狙いたいところ。

 

ヒラボクミニー 4番手1着

マルコタージュ 3番手1着

エルフストラック 2番手2着

フォーザボーイーズ 4番手2着

 

条件的に推したい前走1着馬の2頭は共に新馬戦と悩ましい今年のメンバーです。

もう少し絞るために過去の好走馬のコーナー順位を見てみましたが、中山らしく初角から徐々にポジションを上げている馬が好走傾向でした。

2ヶ月前から本命が決まっているのと、少頭数であまり手を広げたくないので厳選して上記から1頭、そしてブログ本命馬と合わせて2頭が今年のブログ注目馬とさせて頂きます。

 

 

フォーザボーイーズ 8-6-4番手 上がり最速

 

 

注目データからは上記1頭のみ。

 

 

推薦馬

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(クリック↑リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています)

前走は4角出口で外を通さずにインに突っ込むもドン詰まりで馬が天を見上げるほどの急ブレーキ、立て直してから狭い所を割って伸びており、個人的には最後の脚を見る限りスムーズなら勝ち負けは確実だったと感じた。

ゴール板を過ぎてからも余力があり騎手が制御してる程で使える脚の7〜8割程度しか出せていない。本来の能力を出し切る前にレースが終わってしまった印象で勿体無い1戦だった。

新馬戦は4角出口で抑えきれない程の手応えで先頭に立つと、直線はフラフラと子供っぽさ全開で他馬に迷惑を掛ける始末、それでも1馬身半差をつけて完勝、スローペースとは言えラスト3ハロン11.7-11.5-11.5の減速なしLAPを遊びながら勝ったのは評価したい。

ちなみに2着馬マーシャルポイントは次走即勝ち上がり、最速の上がりで3馬身差の圧勝を決めている。3着馬のツルマウカタチも既に勝ち上がりを決めていてハイレベルな新馬戦だった。

今回は流石に馬券内は堅いとみて自信の本命です。

【↓ブログランキングはこちらをクリック】


最強競馬ブログランキングへ

初めての方は下記画像の手順を参考にしてください。

※紹介文確認後、最後にブログ名をクリックしてTOPページに戻ってきてからブラウザを閉じてください。